眠たげな猫の傍で

眠たげな猫の傍で

世界の果てで眠っていたいな

2022年1月11日(火)

○怠さとともに、解読不能の緊張のせいで、疲労は溜まる一方、思うように身体を動かすことができない。安定剤を服用しても緩和されないだろうと推測し、あえて緊張状態のままで仕事を進める。雨のせいかもしれない。先週で忙しさのピークは過ぎたので、特に慌てることもなく、適当な業務で時間を潰す。今日から10日間以上はずっとこんな感じで、こういう余裕がありすぎるときに在宅勤務をする、もしくはいっそのこと休みにした方が、会社にとっても従業員にとってもメリットがあるのだけれど。

 

 

○先週の金曜日の帰り際、苛立ち気味の上司にうざ絡みされた未整理の書類は、私が帰った後におジイさんが処理、それをコピーロボットが整理していたようだった。ふとコピーロボットを見ると書類をファイルに挟み込んでおり、それに気付いた199くんがそれを補助。何食わぬ顔でそれを見守っているのも居心地が悪いので、別件でコピーロボットが席を外している30分程度で、未整理の書類整理を完了する。手伝いましょうかと声掛けをしていない、私が勝手にしたことだったので、特に何か見返りを求めているわけではなかったが、私が書類整理の続きをしていたことに気付いたようで、「(私)くん、ありがとう」と声を掛けられる。私とコピーロボット、そして199くんの間ではコミュニケーションが不足している。

 

 

○定時になるとそそくさと皆が帰る。その波に遅れまいと、日報を上司に提出する。いつものようにしょうもない絡みをされるかと身構えたが、先週の金曜日の件で私に愛想を尽かしたのか、「お疲れ」という言葉と、押印だけで終了。ずっとこれでいい。未だに紙ベースで日報を提出することは資源と時間の無駄(以前も書いたが)。今日、隣の部署で残業を減らすための会議(その会議によって業務が圧迫されている)が行われ、紙ベースでの日報を提出することの非効率さが話題にあがっていた。他には、業務が個々人によって偏りがあり、苦になるくらいの残業を強いられている社員、特に若手がいるので、業務を均等に配分することを強く求めていた。それはおそらく実現しないだろう。

 

 

○18時30分には家に着き、仕事をしているときはあれだけお腹が空いていたはずなのに、いざ家に帰って心身が弛緩すると、お腹の減りはあまり気にならなくなって、食欲よりも緊張した頭に刺激を送り込むことを優先した。月曜日に更新されるはてなブログのランキングから面白そうな記事を読んだり、匿名が書いた文章を読んだり、あとはTwitterでしょうもない呟きを眺めて、しばし現実逃避をしていた。それをしていることにより、より一層緊張の度合いが強まるとともに、せっかくのプライベートの時間に毒にしかならないようなコンテンツを摂取していることは私の人生を損なっていることにようやっと気付き、早々にネットから離脱した。

 

 

○作り過ぎたキムチ鍋を食べ切ることができなかった。明日の朝にでも食べよう。お風呂と食事を済まし、ネットも遮断して、最近購入した新書をぺらぺらと眺めてみたが、内容が全く頭に入ってこない。文字は頭に入るのだが、それがどのような意味を成しているのかを理解することが出来ず、こんなかちかちの頭の状態では読書すらも私の人生を損なってしまう、まずは心身の緊張を緩和させようと、空気階段のラジオを聞く。久しぶりに実家に帰ったら母親が変わっていた、回転寿司では魚を食べろと口酸っぱく言われていたのに、姪がお肉のお寿司を食べていることに何も文句を言っていないともぐらが話すと、かたまりが、うちの親もおんなじだ、お寿司屋さんでお魚以外のお寿司を食べるのは頭が足りないことの証左だとかなんとか言っていて、その安直な物言いにふっと気が楽になった。

 

f:id:bigpopmonsterpro:20220111223940j:image

 

bigpopmonster.hatenadiary.jp

 

○ラジオを聞き終え、身体がだいぶ落ち着いたので、草薙龍瞬「反応しない練習」を読む。自分の周りで起きていることにむやみやたらに反応しない、反応するからストレスになる、とのこと。そして、自分が感じていることをしっかりと受け止めること。例えば、緊張しているときは「自分は今、緊張している」と言葉にして受け止めることで、すっと緊張が和らぐ。試してみたら少しだけ楽になった。まだ処理できていない感情があって、それは去年の6月の悪夢のことでもあるし、その悪夢を忘れ去るために実施した女性との邂逅でもあるし、仕事のこと、今後の生活のことなど多岐に渡っていた。そんなことは既にケリがついていると思い込もうとしていることで自分を苦しめていた。そういう感情がある、と認めるだけでふっと気が楽になった。もうちょっと本を読んでいたかったが、猛烈な眠気に耐えることができず、23時30分に部屋の電気を消す。悩んでいることを思い浮かべていると、ふっと意識が薄れていった。

 

 

朝飯:フルーツグラノーラ
昼飯:オートミール雑炊
晩飯:キムチ鍋

 

77.0kg
22.8%

 

歩数:2,984歩