眠たげな猫の傍で

眠たげな猫の傍で

世界の果てで眠っていたいな

遠足の前の日の夜のようなわくわく感

小学校低学年の、学校行事をまだ純粋に楽しめた時分のときのような気分で天にも昇りそうである。最近の生活は低空飛行で、わくわくすることがめっきり減ってしまっていたので、自分の生活にこんなわくわくすることがまだ起こるんだと、ただただ嬉しい。

 

 

ももクロのライブの前の日の夜は、そういえばこんな感じだったな、といつぞやを思い出している。明日がどんなライブになるかは分からないけれど、忘れることの出来ないライブになることだろう。やっとここまで来れた。まだ声は出せないし、コロナ前みたいな感じにはならないだろう。でも、大きな舞台で、ももクロが歌って踊っている姿を生きているうちに観れることが出来て本当によかった。平日のライブなので、関東圏に住んでいることを今回以上に嬉しく思う日があるだろうか。まあ、ももクロが大きな舞台で、しかもさいたまスーパーアリーナでライブをしてくれるなら、意地でも休みを取って現地に向かっていただろう。

 

 

久しぶりに、昔の曲も聴いたりしていた。私がももクロをよく聴いていたのが2015年~2018年なので、その頃のことも一緒になって思い出してしまう。あれからあっという間に月日が流れて、私はなんとかまだ新卒で入社した会社で働いていて、ももクロもアイドルとして活動し続けてくれている。明日と明後日のライブで、私の2021年が終わってしまってもいいと本気で思っている。それほどに私はももクロを大きな舞台で観たかったし、何よりももクリに参加できるのが堪らなく嬉しい。聴きたい曲はたくさんあり過ぎて、でもどんな曲が来てもずっとにこにこしているんだろうな。

 

 

生きててよかったと思える夜。

 

f:id:bigpopmonsterpro:20211206224730j:image