眠たげな猫の傍で

眠たげな猫の傍で

世界の果てで眠っていたいな

2021年10月6日(水)

bigpopmonster.hatenadiary.jp

 

昨日に比べたらそこまで目覚めが良くないのは、きっと、疲れがたまって来ているからだろう。だから安易に在宅勤務を無くしたら駄目なんですって...。リハビリを挟んでからじゃないと、週5出社するのは無謀なんですよ......。

 

 

そんな愚痴を溢せる相手がいないので、一人黙々とパソコンに向き合って文章を吐き出している。久しぶりにパソコンで文章を書いている。最近は疲労の色が強く、椅子に凭れながらスマホでぽちぽちと文章を書いていたが、残業が続いたせいで残業が日常化し、少しずつこの異常な状況を受け入れつつある。この文章を書いている今は2021年10月6日23時12分。まだ先週の木曜日から昨日までの分の日記を書けていないが、まずは今日の分を書かないことには何も始まらない。誰かに命令されているわけでもないのに、どうして毎日せっせと文章を書いているのだろう。今はまだ文章を書いていて面白いと思えるけれど、つまらない、書けば書くほどしんどい思いをするようなときもあって、そんなときでも懲りずに文章を書いている、書き続けている。きっと、文章を書くことで言語化できていなかったもやもやを外部に吐き出せて、精神の安定を図っているのだろう。今まで、自分は精神的に安定していると思っていたが、急に視界が開けてしまったせいで、見なくてもよかったものすらも見えてしまい、ちょっぴりしんどくて暗闇の中でCRYAMYを聴いて、無事に救われた。CRYAMYが心に響く状態は精神が不安定な状態なので、早急に精神が安定するような策を考えなければいけない。ネットに繋がり過ぎているんだろうな。Twitterや5chの見過ぎで、必要以上に精神が興奮しているので、いっそ一日に使えるスマホの時間を強制的に設定して、それ以上はどんな理由であれ使えませんよ、という状態に持ち込めば無理してロックを解除するほど享受したいものはネットに転がっていない(はず)ので、さっさとロックをかければいい。いっそのこと、スマホで繋がっている相手がほぼいないのだから、潔くスマホを投げ捨ててしまえばいい。ここ1カ月以上は地元のグループLINEが機能していないのは、それぞれがそれぞれの日常を生きるのに夢中になっている証拠なのだろう。もしスマホの契約を解除したら、私は誰とも連絡を取れなくなる。電話番号やメールアドレスをしっかりと記憶している相手なんていない。中途半端に繋がっていて、たまに精神的負荷がかかるようであれば、もう解除してもいいんだけれどね。

 

 

全体的に時間の流れがもっさりとしていた。久しぶりの忙しさに最初はうきうきしている側面があったが、それにも飽きてしまい、ただただ早く家に帰りたい、もしくは在宅勤務でゆるゆるの状態で仕事がしたい欲が高まっている。私は仕事をするために生きているわけではない。

 

 

サンキューおばさんは、子どもが体調を崩してしまったので、上司の予測通り今日は休みを取った。それで私にしわ寄せが来ることはないが、誰かには確実にしわ寄せが来てて、それが恒常化したらサンキューおばさんに対してその人はどんな感情を抱くのだろうか。コピーロボットは今日も意味をなさない言葉をぶつぶつ呟いていて、まるでいかれたBOTかなにかかと勘違いしそうになった。

 

 

仕事が始まり、そこそこ仕事が来ていたのでそれをせっせとこなし、昼休みの1時間前にはどうにか一段落着いた。ここから忙しさがぶり返すことはないだろう。よかったよかった。1年に1回のパーティはそろそろ終わりを迎えそうです。それでも周りはせわしなく、終始ばたばたと動き回っていて、業務の配分がおかしいんじゃないかと一瞬思ったが、私は無理をしてまで仕事をしたいとは思わない、出来ることなら楽な仕事を末永く続けたいと強く願っている意識の低い労働者なので、どうかこのような楽な状態が長く続きますように。

 

 

昼に弁当(おにぎり2個、ごぼうサラダ、スンドゥブチゲスープ)を食べるのに飽きた。そろそろ外で海鮮丼やラーメンを食べたい気分が高まってきている。思い返すと、前の私は結構な頻度で外食をしていて、それを楽しみに仕事をしていた。今はその楽しみがなくて、それでもなんとか仕事をしていられているのは奇跡的だと思う。もし外食してもコロナに罹患するリスクがゼロ、絶対に罹らないという状況であれば間違いなく外食をしている。現実ではまだそんなことがあり得ないので、特別な日ではないのに外食を解禁するのは危ない。ゆえにまだまだ弁当生活は続く。しかし同じものを食べ続けるのに飽きた。先週までは出社の合間に在宅勤務を挟んでいたからなんとか耐えられていたが、今週は全日出社で、今のところ3日連続で同じ弁当を食べ続けているので、明日辺りに発狂するかもしれない。それもまた、一興ではあるのだけれど。

 

 

午後もゆるゆると時間が流れていく。途中からやることがないのに椅子に座っていることが苦痛になってきた。だから、在宅勤務は最低でも週に2回は必要なんですって。「他の人に比べて多いから、調整する」なんて腑抜けたことをしでかした責任、取ってくれるんですか?というふざけたことを書いて、心の平安を取り戻す。なんてちっぽけな人間なのだろう。

 

 

最近は水にプラスしてコーヒーとかジュースを飲むようになった。前までの、定時で上がる日は水だけでなんとか乗り越えられたが、残業に突入するとお腹が空いてきて、しかしぼりぼりと煎餅を食べるわけにもいかないので、味付きの色付き水を飲んで何とかやり過ごしている。体に悪いことは分かっている。でも仕事に疲れ、暗澹たる気分の時にお茶ではリフレッシュできない。先日、箱買いした味なし炭酸水が家にたくさんあるので、それを会社に持っていって、それで残業を乗り越えようか。でも、ジュースに含まれている糖分が疲れた頭を癒してくれていたような気もするので、だらだらとジュースを飲むことも大事なのだろう。

 

 

特に事件が起きることもなく、定時になってさっさと退社した。久しぶりの定時退社で、残業が続いて疲労が溜まっていているので、大人しく家に帰ることが最適解なのだろうが、欲しいサイン本が池袋で放出されたという報を受けたので、向かわざるを得なかった。

 

 

久しぶりの池袋は相変わらず人で溢れかえっていた。ノーマスク率も他の駅より高いように感じられた。コロナの新規感染者数が減る前からこんな感じなのか、減ったから増えたのか、久しぶりの池袋なので判断がつかない。治安の悪いところには近づかず、地下道を通り抜けてジュンク堂書店へ。お目当ての津村記久子のサイン本があった。前まではサイン本を書くような人ではなかったのだけれど、出版社の方から催促されているのだろうか。三省堂書店のほうは昨日のうちに売り切れてしまったが、ジュンク堂書店ではまだ5冊ほどサイン本の在庫があった。取り置き出来ない、という理由でまだ残っていたのだろうか。嬉しさを噛み締めながら本を抱え、こちらは報はなかったがあるかな、という淡い期待で眺めていたらあった。飛浩隆のサイン本は初めてなので、とても嬉しい。こちらは10冊弱ほど在庫があった。こちらのサイン本は情報が発信されていなかった(今日の夜遅くに発信された。そこまで熱心ではないのだろう)。思わぬ収穫ににやにやしていると、こちらはBRUTUS村上春樹特集で、村上春樹の思い入れのある作品として小島信夫の「アメリカン・スクール」が数冊置かれていて、小口が研磨されていない状態だったので迷うことなく手に取る。加えて村上朝日堂シリーズの、こちらも小口が研磨されていない文庫本があったので、それも購入。ああ、先月にあれほど本を購入したというのに、もうこんなにも買ってしまったよ。続いて三省堂書店で予約していたハライチ岩井のサイン本を受け取る。最後に無印良品でヘアブラシを購入し、時刻は19時を過ぎていたのでそそくさと改札に向かった。普段であれば無敵家でラーメンを啜るところであるが、まだまだ予断を許さないような状況であるし、こってりしたものを食べたい気分ではなかったので、今度の機会に譲りました。

 

 

<購入した本>

岩井勇気「どうやら僕の日常生活はまちがっている」(サイン本)
飛浩隆「ポリフォニック・イリュージョン  飛浩隆初期作品集」(サイン本)
津村記久子「ディス・イズ・ザ・デイ」(サイン本)
小島信夫アメリカン・スクール」
村上春樹,    安西水丸「村上朝日堂の逆襲」

 

f:id:bigpopmonsterpro:20211006191636j:image

f:id:bigpopmonsterpro:20211006184521j:image

 

 

家に帰り着く前に、「UNISON SQUARE GARDEN Revival Tour “Spring Spring Spring” at TOKYO GARDEN THEATER 2021.05.20【通常盤BD [BD+新曲CD(紙ジャケ仕様)]】」をコンビニで受け取る。フラゲできなかったのは残念だが、昨日も3時間以上に及ぶ残業だったので、コンビニに行くことすらままならなかっただろう。箱から取り出すと、重厚感のあるパッケージににやにやする。早く観たい。でも今日はその日ではない。心身が万全の状態の時に存分に楽しもうではないか。

 

f:id:bigpopmonsterpro:20211006204447j:image

 

 

その後は本を読むでもなく、テレビを見るでもなく、だらだらと時間を過ごしてしまった。文章を書きたい気持ちがそこまでなく、親と電話したらなんだかふにゃふにゃしてしまった。昨年に他界した祖父の遺骨を納骨するので、今月末に帰って来ないかとのこと。うーん、まだコロナは終息していないし、もしわたしがコロナに罹患してて、それを親族に移してしまうのはやはり怖い。でも祖父の納骨には参加したい。どうしたものか。

 

 

眠たさが揺蕩いながらも、まだ寝るな、今寝たら仕事が早く終わった意味がないではないか、と論理が破綻していることをだらだら考えていて、気づいたら24時を過ぎていた。

 

 

bigpopmonster.hatenadiary.jp

 

bigpopmonster.hatenadiary.jp

 

 

おわり。

 

朝飯:フルーツグラノーラ
昼飯:弁当
晩飯:ラーメン

 

80.4kg
24.3%

 

歩数:5,859歩