眠たげな猫の傍で

眠たげな猫の傍で

世界の果てで眠っていたいな

2021年10月5日(火)

bigpopmonster.hatenadiary.jp

 

上記の通り、びっくりするくらい目覚めの良い朝で、このままいつものように会社に行くのが馬鹿馬鹿しく思えた。天気も良いし、過ごしやすい気温なので、どこか人里離れたところへ赴き、何をするでもなくだらだらとした時間を過ごしたい。最近の残業続きの私には夢のまた夢のような思いつきで、でもいざ休日になったら眠ることだけに熱心になるんだよな。

 

 

電車はコロナ禍前とは言わないまでも、電車が揺れなくても隣に立っている乗客と体がぶつかるほどの混み具合。こういう時に、「都会暮らしなんてさっさとやめてしまって、人里離れた山奥で自給自足の生活をしたい」と切に願う。その思いつきも仕事が始まってしまうと霧散してしまうのだが。

 

 

今日は一日全体を通して見ると今までに比べ、のんびりした一日だった。月初の、怒涛のような書類作成はある程度は終わった。あとは神経を研ぎ澄まして細かい作業をしていくだけなのだが、去年の今頃の記憶がさっぱりないのは、嫌なことがあったからだろうか。嫌なことはぐちぐちと悩むのではなく、さっさと忘れてしまうタチなので、高校生の時の記憶は断片的なもの、それもそこそこ良い思い出しか残っていない。と言ってもその思い出も大学生の時のキラキラした時間に比べるまでもないので、生きてて思い出そうと思わない。そんなことに時間を割いている暇があるなら、今この瞬間に集中して、どんなことをすれば楽しい時間が過ごせるだろうか、ということを全力で考えてそれを出来る限り実行している。楽しさばかり追求してしまい、最近は全然勉強をしていない。11月に試験があるがそれは予定が入ってしまったので断念して、来年の2月でさくっと受かる予定。なのでそろそろ本腰を入れて勉強を始めなければいけないのだが、勉強に適した環境が今の家には存在しない。座り心地の良い椅子はない。体の高さにあった机もない。あるのは食事の際に使用している、黒のちっぽけなローテーブルだけで、とてもじゃないけれどこのテーブルで勉強をしようとは思えない。今までは喫茶店で勉強をすることが多かったが、こんな時期に喫茶店、それもチェーン店の安っぽい、席と席の間隔が皆無の喫茶店なんかに行きたいと思えないので、早急に家で勉強をしたくなる環境づくりをしないといけないのだが、生憎私が今住んでいる家には机や椅子を置くスペースがない。

 

 

さて、どうしたものか。

 

 

勉強のためだけに新しく部屋を借りる、なんて馬鹿げたことはしたくない。心の底から勉強をしたいと思ったら環境なんて関係ない、その熱意があればどんなところでも集中して勉強ができるだろう。残念なことに、私は現在、従事している仕事に対して興味を持てないでいるので、積極的にその分野のことを知りたいとは思わない。テストなんて下品なものを受けるくらいなら、西洋の古典作品を読んだ方が数千倍も生活が豊かになるだろう。もし資格を有していたら月の給料が1万円アップする、なんて仕組みになっていたら入社早々に何が何でも取得していただろうが、受かったら一度だけ、会社からお菓子を貰える、3,000円相当のお菓子が貰えるだけなので、勉強に対するモチベーションはどこから湧いてくるのだろうか。みんなどうしてそんなに生き急いでいるのだろうか。

 

 

みんな、生き急いでいる。

 

 

午前中のうちに作成すべき書類を作り終えたので、それをコピーロボットに託し、のんびりと流れる時間に身を任せる。どこかでヘマをしていないかと注意深くデータを精査していく。いくつか、だいぶ前に依頼していたのに未だに連絡がないものがあったので、再び催促のメールを送りつける。

 

 

昼が来る。特に嬉しくはない。あっという間の午前に、あっという間の昼休みに、あっという間の午後。定時以降になると時間の流れが鈍くなるのは私の気のせいだろうか。

 

 

bigpopmonster.hatenadiary.jp

 

 

結局今日も、散々な時間の残業をしてしまい、なんだか頭がおかしくなってしまった。

 

 

bigpopmonster.hatenadiary.jp

 

 

0時に解禁されたUNISON SQUARE GARDENの1年ぶりの新曲「Nihil Pip Viper」をようやく聴く。バッチバチバッチバチの曲だと勝手に推測していたけれど、結構懐っこい曲で、まだまだ聴きなれていないユニゾンの曲がこの世界に存在することがこの上なく幸せである。こんな幸せを享受するために私は、そして私たちは日々を生きているのでしょうね。ライブで聴いたら思わず笑顔が溢れてしまうことでしょう。人生の楽しみがまたひとつ増えたぞ。

 

f:id:bigpopmonsterpro:20211006001046j:image

 

 

同日同時刻に解禁されたw.o.d.「イカロス」も聴く。ああやはりこいつらは最高のロックンロールをぶちかましてくれるよ。出来ることならこの曲を生で体感したかったんだけれど、生憎11月の渋谷のライブは行けそうにない。まだチケットは取れていないのですがユニゾンの川崎のライブ、もしくはベボベの中野のライブに行こうと思っている。そんなの今はどうでも良い。「LIFE IS TOO LONG」以降の世界が既に紡ぎ出されているこの世界がやはり愛おしい。新しいアルバムは来年、出来れば来年に出していただきたい、そしてそのアルバムのツアーに何が何でも参加する。できる限りたくさんのライブに参加すること。それが今の私の生きる意味である。

 

f:id:bigpopmonsterpro:20211006001458j:image

 

 

朝飯:フルーツグラノーラ
昼飯:弁当
晩飯:白米、納豆、サラダ

 

歩数:3,038歩