眠たげな猫の傍で

眠たげな猫の傍で

世界の果てで眠っていたいな

休日の方が平日より疲れる

月曜日の午前の部が終わり、昨日の同じ時間帯より体も心も調子が良いことに気づいた。

 

 

元来が欲張りな性格をしているので、隙間時間があればとりあえず何かをしたいと思うしするし、休日は予定を入れて、それを実行することが幸せだと信じて疑わない。その結果、休日が終わる頃にはくたくた、もう何も出来ない、明日仕事あるのとか信じられない、という体たらくで日曜日を終える。そんな状態なので月曜日の朝は散々だが、時間が進んでいくにつれて心身が軽くなっていく。仕事をしているときは100%の力を出そうと思っていない。それほど頑張りたいと思えるほどの給料を貰っていないので、適度に力を抜いて仕事をしている。たぶんそのおかげで、仕事をしているときはそこまで疲れない。今を存分に味わおうだなんて考えない。家に帰った後や土日にどれだけの体力気力を残せるかを考えながら行動しているので、最小限のことしかしない。

 

 

それを休日にも適用できれば、私の人生は少しは楽になるのだけれど。いざ夜や休日になると、「目一杯楽しんでやる」と張り切ってしまう。もうそんなに若くないんだから、ほどほどにやっていこうよ。子どものときほど純粋でいられないけれど、子どものときには分からなかった人生の機微を感じられるようになった。それをもう少し拡張していきたい。