眠たげな猫の傍で

眠たげな猫の傍で

世界の果てで眠っていたいな

山本中学「戯けてルネサンス」を読み終えて

漫画を読んで、夢中になって読んで、今の私に一番しっくり来るのが漫画なんだろうなと思った。

 

 

薄っぺらいことを薄っぺらい表現で誤魔化して、それっぽくしている漫画が大嫌いなんですけれど、山本中学「戯けてルネサンス」はそんな漫画とは対極にある漫画で、割りかし重たい内容をさらっと描いてて、きちんと人間の感情をぶつけてくるのが上手いな、と。

 

 

前の学校では酷いいじめにあって、転校した学校でも最初はへまばかりして「やっぱりダメか...」と落ち込む主人公。でもこの漫画は暗いことを暗いまま書きたいわけではなくて、きちんと希望を描き出しているのが読んでて救われる。

 

 

この内容だったらもっと続けられたんじゃないか、どうして3巻で終わってしまったのか不可解。いろんな伏線をほっぽり出して、しれっと終わってしまったのは納得いかないけれど、でもこの漫画のおかげで山本中学に出会えたので、良かったです。

 

 

オレだったら...
″オレだったら″とかあるわけないんですけどっ
ないんですけどもっ
す 好きになった人泣かせないように大切にしたいけどなあ

山本中学「戯けてルネサンス(3)」p243より引用

 

www.dlsite.com