眠たげな猫の傍で

眠たげな猫の傍で

世界の果てで眠っていたいな

2021年9月25日(土)

6時5分起床。

 

 

寝る。

 

 

8時42分起床。

 

 

寝る。

 

 

13時56分起床。

 

 

そのままずっと起きている。眠たさの原因を追求するほど野暮な生き方はしたくない。それでも、ここまで眠たさを感じたのは久しぶりで、寝ている時間はほぼ無意味だと思っているので、どうやって少ない睡眠で眠気を最小限に抑えられるかが今後の課題である。そんなことを考えるのは卑怯な人間のやり口で、眠たいのならばたっぷりと睡眠を取ればいいと思う私もいる。日常生活にストレスをほぼ感じないのにこんなにも眠気を感じてしまうと、ストレスが多量に降りかかってきたら私の睡眠量はどうなってしまうのだろうと不安になるけれど、その時は緊張が長い間続くことで逆に寝られなくなるのではないか。そう思うと、何不自由なく眠れる今はとても幸せな状態だと考えられる。寝られないより眠れる方がいい。ただ、寝過ぎてしまうと人生が縮小されてしまい、動ける範囲が狭まってしまうので、どうにかして眠気を抑えたいが、もういいや。

 

 

昼飯を済まし、新宿へ向かう。既に季節は秋、多少冷気を含んだ空気が半袖で露出している肌を軽く撫でる。人は相変わらず外にたくさんいるけれど、今月中には全国的に緊急事態宣言は解除されるだろう。飲食店の営業時間及び酒類の提供の縛りが緩くなるだけで、他に何も変わらない。日常を生きていて、緊急事態宣言が発令されていることをうっかり忘れてしまう瞬間がある。でも日頃から感染対策をしているので、危険に晒されるようなことはない。もし新型コロナに罹ったとしても、運が悪かったと諦めるしかない。やるべきことはやったのだ。

 

f:id:bigpopmonsterpro:20210925193650j:image

 

タワレコ新宿店に訪れ、現在はワンフロアだけしか営業していないことに寂しさを感じる。CDはもはや売れないものになってしまい、これからはマニアしか集めないような骨董品になっていくだろう。わたしもよっぽど好きなアーティストでないとCD単体の購入をすることはなくて、DVDが付属していないとなかなか買うことがない。サブスクに対してまだ懐疑的な目を向けてしまうが、それも徐々に和らいでいって、CDを買わなくなってしまう未来が来てしまうはずだ。そのときになったら、CDを買わないことに対して何も思わなくなってしまうのだろうか。今のうちにCDを買うことで得られる快楽を存分に味わっておきたい。

 

f:id:bigpopmonsterpro:20210925193634j:image

 

その足で紀伊国屋書店へ。出版不況という言葉はどこ吹く風か、ここはいつ行っても人で溢れかえっていて、こんなにもたくさんの人が紙の本を求めているという事実に胸が熱くなるし、この時期に人が密集するようなところに行くのはまだまだ抵抗を感じる。普段はあまりしないことだけれど、文庫本が並べられている本棚を仔細に眺めていく。ああこんな本があったのね、と思い手に取ってみると一文目から一気に本の世界に惹きこまれるような本が好きだ。今まで知らなかった世界を知りたいという欲望、現実逃避を全力で援助してくれるということを期待しながら本を読むことは不埒なことだろうか。3階のビジネス書、自己啓発本のコーナーには社会人らしき人たちがたくさん集まって、真剣な顔で本を読んでいたが、あなた方が探しているような答えはその本の中には載っていないどころか、そもそもあなた方が悩んでいることに答えはない。自分でえんえんと考えて、納得のいく方法が見つかったらそれを実行したらいいのにと思う。著者やその本を推薦する人間の顔が本や帯にでかでかと掲載されているような本を見ると(うっ)と思うようになってしまった。1時間ほど滞在して、心を惹かれた本を買ったら程良い疲労を感じたので、電車に乗って家に帰った。

 

 

<購入した本>

みうらじゅん,リリー・フランキー「どうやらオレたち、いずれ死ぬっつーじゃないですか」
山尾悠子ラピスラズリ
星野道夫旅をする木
津原泰水「バレエ・メカニック」
本谷有希子「ぬるい毒」
ロバート・キャパ「ちょっとピンぼけ」

 

家に帰りつき、夕飯を済ませ、さてこれから何をしようかとぼんやり考えるが、これといってしたいことが思いつかず、それでも別にいいと思えるようになった。何もしたいと思えない時に無理に何かをすると精神がぐっちゃぐちゃになってしまうことが往々にしてあるので、こういう時は無理をしないこと、ただぼーっとしていることもそれはそれで大切な時間なんだと自分に思い込ませる。ただ、何もしないでいることにも次第に飽きてくるので、サブスクで洋楽を流しながら、明日何しようかな、明日も本屋さんに行って本を買うくらいしかしたいことがないな。好きな時に本屋さんに行けることがとても貴重なことなんだと、今後の人生で痛感する時がきっと来るはずだ。私の人生は、まだきっとのびしろがあるはずだ。

 

 

朝飯:フルーツグラノーラ
昼飯:ラーメン
晩飯:ビビンバ

 

80.1kg
24.4%

 

歩数:7,889歩