眠たげな猫の傍で

眠たげな猫の傍で

世界の果てで眠っていたいな

あと少しで終わる

今日の仕事を終えるとようやく一週間が終わる。短いようで、長く感じられた一週間だった。来年はより多くの仕事、難解な仕事を任されているだろうから、今年以上に疲れることだろう。今年も今年で疲れたが、悩まされる出来事に遭遇することはなかったので、ただ疲れただけだ。

 

 

来週から在宅勤務が復活することが救いである。週に5日も出社するのは今の私には無駄な行為であり、またコロナの感染リスクが高くなるので、来週から日常に戻るのが嬉しい。忙しい時期を乗り越えたからこそ、日常がよりありがたみを増す。

 

 

地震、昨日の夜以上に大きなものが来ませんように。