眠たげな猫の傍で

眠たげな猫の傍で

世界の果てで眠っていたいな

2021年9月23日(木)

9時43分起床。昨日は早めに寝たんだったっけ?いや、眠れないからそこそこよふかしをしたから25時過ぎくらいに寝たんじゃなかったんだっけ?最近の私の記憶力はどうにも曖昧で、頼りに出来るものはスマホに保存してある予定帳くらいです。

 

 

結構眠ってしまったな、あれ、今日って休みなんだっけ?休みだったり、在宅勤務だったりが交互にやって来て、曜日の感覚および休みなのかそうではないかの認識が曖昧になっている。精神がまだまだくたばっているのだろう。精神なんていつまでもくたばってしまえ。

 

 

ふっと意識が戻ると14時前だった。あれから眠ってしまっていたのか。9時過ぎに起きた時は異様なまでの眠気がまだ残っていて、このまま生活を始めたところでまともに生活を送れる自信がなかったから、まあいいでしょう。朝飯は食べていないのでお腹は空いてはいるが、とても空いている感じではなく、まあ時間も時間だしとりあえず食べておくかという緩さ。お気に入りのラーメンは食べきっていたので、そのラーメンの姉妹品である酸辣湯麺を作って食べる。痺れるラーメンとは作り方が若干異なり、酸辣湯麺は茹で上がった麺を器に入れ、鍋に入れたままのお湯にスープの素やら卵やらをいれてまぜまぜして、それを器に入れて出来上がり。見た目は非常にきれいで、食べてみるとこれまた美味しい。ここの会社のラーメン、ちょっとレベルが高すぎないか?そのへんに転がっているまっずいラーメン屋さんの萎びたラーメンよりはるかに美味しい。萎びたラーメン屋さんはこっそりこの会社のラーメンを提供したら、そこそこ繁盛するのではないか、と余計なことを考えるほど、ちょっとずつ精神は回復しつつある。でも全快まではなかなか遠そうである。

 

 

昼飯を食べ終え、この時間からちょっとだけ外出するのは億劫なので、バラエティを見る。「キョコロヒー」に対する愛情がどんどん強くなっていく。毒舌の齊藤京子(日向坂46)と飄々としたヒコロヒーの緩いかけあいがなんとも微笑ましい。来月から良い時間帯に移行してしまうので、緩さがどうか継続しますように。電子機器の画面を1時間も見てると目が異様に疲れるようになってしまい、つい先日からうっかりスマホを眺めないようにしている。振り返ってみると、スマホで見ていることの95%はくずみたいなことで、そんなことを見ている暇があるなら本棚にぎっしり詰まっている本をこつこつ読めばいい。と思うと同時に、眼精疲労があまりにもひどく、長時間、電子機器の画面を眺めることが不可能になりつつある。もしかしたら私の目もそろそろくたばってしまうのかもしれない。そうなってしまう前に、くだらない仕事を押し付けてくる会社を早急に退職しなければならない。

 

 

洗濯物を干したはいいもの、気持ちいい感じに晴れてはいなくて、これ、明日も干したまんまにしないと乾かないだろうな、と微妙な感じになってしまった。

 

 

良い時間帯になったので、外へ出る。電車を乗り継いで、新代田のFEVERへ。

 

bigpopmonster.hatenadiary.jp

 

ライブを観終え、ホクホクした気持ちで家路に着く。ようやくライブが楽しめるような精神状態に戻りつつあることを嬉しく思う。

 

 

家に帰り着き、シャワーを浴び、そこまでお腹が空いていなかったので先ほどのライブの感想を書き、書き終えてもまだお腹は空いていなかったけれど、これ以上食べる時間が遅くなってしまうと健康に悪いので、21時過ぎにビビンバを作り、食べる。飽きないな。肉、アメリカ産の豚のばら肉を使っているが、これが一番美味しい。間違いない。安いのか高いのかは分からないけれど、2回分のビビンバで450円弱はまずまずといったところだろうか。お腹が満たされて、もうこのまま布団に直行してもいいくらいに満たされた気持ちになっていたが、このまま寝てしまうと健康に悪いので、椅子に座りながら沖縄の観光についてだらだら調べる。

 

 

30分ほど沖縄の観光について調べ、結局のところ、来月末に予定していた沖縄旅行は断念した。LCCの異様なまでに安い値段に釣られて飛行機の便を予約してしまったけれど、こんな状況で東京からのこのこと観光地へ行くべきじゃないよな。そもそもこんな時期に観光地にあるお店は閉まっているんだから、行ったところで何もすることはないだろう。予約していた航空会社から、予約していた飛行機の便が運休になってしまった、だから時間をずらすかキャンセルしてくれ、とのメールが昨日届いて、ずっと考えていた。考えて、この時期に行くべきではないと決定した。これでいい。これでいいと自分に言い聞かせる。旅行はコロナが落ち着いてからにしよう。でも、コロナ前の世界に戻るだなんて誰が保証できるのだろうか?

 

 

23時ごろにUNISON SQUARE GARDEN「MODE MOOD MODE」を聴き始める。9月23日の最後に流れたのが「夢が覚めたら (at that river)」、9月24日の最初に流れたのが「10% roll,10% romance」であった。彼らのライブを今年中に観ることができるだろうか。「TOUR 2021-2022 “Patrick Vegee”」は現時点では来年1月の高崎芸術劇場公演しかチケットを取れていない。10月の埼玉、栃木、千葉の公演に行きたかったが、仕事の都合で泣く泣く諦めた。11月の川崎の公演、もしチケットが取れたとして行けるだろうか。行くしかないだろう。まだチケットは取れていないけれど。もっと大きな箱でライブをしてほしい気持ちもあるけれど、あまり大きすぎるとメンバーの表情が視認できなくなるし、そういった場所でライブをすることは田淵も嫌がるだろう。でも大好きで大好きで仕方がないアルバムのツアーに一本しか行けないのは寂しい、いや一本でも行けることは幸せだと思ったほうが幸せだろうか。ちなみに来年1月の東京公演も諦めていないです。東京ガーデンシアターはUNISON SQUARE GARDENのライブの聖地になりつつありますね。

 

 

明日仕事をしたらまた休みが2日間もあるの、もういいよ、ちょっとは仕事をさせてくれよ、好きではないけれど人間とのコミュニケーションに飢えているんだよ。え、本当に飢えているの?それ、錯覚じゃない?人生のあるぶぶんがうまくいっていないから、その不甲斐なさを人間関係に紐づけているだけで、別に無理して人間と繋がろうとしなくてもいいんじゃないと思った次第です。一人は楽だぞー。

 

 

THE BAWDIES「BLAST OFF!」が届く。

 

f:id:bigpopmonsterpro:20210924224244j:image

 

朝飯:なし
昼飯:ラーメン
晩飯:ビビンバ

 

80.1kg
23.6%

 

歩数:3,879歩