眠たげな猫の傍で

眠たげな猫の傍で

世界の果てで眠っていたいな

ハイになった頭は何をしでかすか分からない

3時間以上の残業はその後の生活に支障を来たす。そもそも1日の労働時間が8時間に設定されていることがすでにバグなのだが、それに追加してくたくたの心身で仕事をしようとすることは相当なバグ、もはやバグでは表現できない存在の欠損である。

 

 

残業しないと仕事が終わらないなら、仕事のやり方を根本的に変えるという発想に至らないのはなぜなのか。人が少ないなら人員補充すればいいし、単純に慣れていない仕事ならば、忙しくなる前に慣れておくとか。今日の残務処理で明らかになったのは、仕事の全貌をきちんと把握している人がいないということ。誰に聞いても、「それは私の管轄外だから」と言って、それでも粘って聞き出した解は他の人と一致しない。そんな風な自転車操業的な仕事の進め方をしているので、日頃から残業がクセになっているし、それを直そうと考える人が現れない。結局のところ、誰も責任を取りたくないという結論でいいですか?

 

 

今日は目覚めの良い日だ、働いていても全然疲れが見えない、と虚勢を張ったものの、家に帰って諸事をこなし、少しだけダラダラしたら23時を過ぎていたのは恐怖以外の何物でもないし、残業をすると生活の時間が少なくなってしまうということを思い知った。ここから精力的に動く気分になれないし、かといってすとんと寝られるほど眠気が漂っているわけでもない。こんな文章をつらつらと書いているから頭がハイになってしまっているわけで、こんな道楽にうつつを抜かしている暇があるなら、早急に布団に潜り込んでしまうのが賢い人のやり方だろう。それでも私は今日の仕事で抱えてしまったストレスを発散する為に文章を書いている。必要なのは頭と指、もしくは口。お金がいっさいかからないのが良い。いつでもどこでも出来るし、下書きなら頭の中だけで完結する。いつまでもこの趣味が好きであり続けますように......。

 

 

後数分でユニゾンの新曲が配信されるという事実に震えている。およそ1年ぶりの新曲。今回のツアーのために作られたのだろうか。タワレコで注文したせいでフラゲが出来なかったが、3時間以上も残業してしまったのであまり変わりはないだろう。やばい、配信まであと少しだ。新曲を聴いて、新曲を聴く前の形を保っていられるかどうか不安で仕方がない。あと少しだ。