眠たげな猫の傍で

眠たげな猫の傍で

世界の果てで眠っていたいな

2021年9月18日(土)

重たい体を起こそうとは思わない。外では雨が激しく降っており、今日は外に出ることは叶わない、それなら早起きしても仕方がないと早々に諦めて、しばらく布団の中で何も考えずにぼおっとしていたら9時半を過ぎていた。それでも体は睡眠を欲していて、それでも今日は10時からCRYAMYの下北沢SHELTERでのライブの一般発売があるから、9時55分に無理やり起きて、10時になった同時にログインボタンを押して、次の画面に移行することを願った。叶った。抽選は外れてしまったけれど、どうにかチケットを確保できた。「建国物語」前にライブに行けるのが嬉しい、何より下北沢SHELTERというハコで彼らを見れるのが嬉しい。同月に開催される髭とフラッドのチケットは売り切れていた。そういえばTBAになっていたアーティストは発表されたのだろうか?

 

f:id:bigpopmonsterpro:20210918100537j:image

 

一仕事を終え、するとまた眠気が全力で私を寝かそうとするし、今日は予定がないので(連休中は予定がない)そのまま眠気に誘われるままに眠る。はっと目を覚ましたのが14時過ぎ。どれだけ疲れが溜まっていたのだろうか。それとも低気圧のせいでへなへなの体はまともに起き上がることが出来ないのだろうか。しぶしぶロフトから降りて、昼飯にご飯と納豆という切ない組み合わせを食べ、ちょっとだけ本を読んで、そうしたらまた眠気が熱烈にオファーしてくるし、今日の私は過剰に寝ることに対して抵抗がなかったので、再びロフトに上がり、布団の中に入ると一瞬で眠りに落ちた。

 

 

たくさんの夢の中を行ったり来たりしていた。その中で本屋さんにいる夢を見たのは、今日が晴れていたら本屋さんに行くつもりだった私の心象を反映してくれたのだろうか。見ててあまり居心地のいい夢ではなかったが、夢が長く続き、早くこの夢から覚めたいと思っていたらようやく目を覚ました。時計を見ると20時を過ぎていた。どれだけ眠れば気が済むのだろうか。さすがにこんなにも睡眠を取れば眠気はなくなり、体も幾分か軽くなり、このまま外に繰り出して軽くランニングをしたかったが、急に激しい運動をすると必要以上に体に負荷をかけてしまい、明日以降に影響が出てしまう恐れがあったので、外に出たい欲をぐっと堪えた。お腹が空いていたのでラーメンを食べた。日清が出している痺れるラーメンで、久しぶりに食べたのでよく食べていた時期よりも美味しく感じられた。

 

 

茫漠と広がる時間、音楽を流して悦に浸ったいた。Royal Blood、Jake Bugg、Foo Fightersなどを聴いていると、海外のロックバンドのライブを生で見ていたのが遠い過去のように思えるが、THE 1975のライブを観たのが2年前だったのかと思うと複雑な気持ちになる。今日と明日、ZOZOマリンスタジアムでSUPERSONICが開催されているが、がらがらで、主催者大丈夫だろうか?と不安になる。ラインナップが(私的には)不満だったので参加は断念したが、今回の開催が成功して、来年に繋がってほしいと思う。

 

 

24時を過ぎたあたりでほんのりとした眠気が体中に広がって、私の体、やわすぎないか?と不安になる。おやすみなさい、また明日。

 

 

朝飯:フルーツグラノーラ
昼飯:白米、納豆
晩飯:ラーメン

 

歩数:未測定