眠たげな猫の傍で

眠たげな猫の傍で

世界の果てで眠っていたいな

項垂れるけどそれでいい

自分の人生を肯定できない夜が何度も来るけれど、それさえも肯定していくしかないんだ。