眠たげな猫の傍で

眠たげな猫の傍で

世界の果てで眠っていたいな

2021年9月6日(月)

君のことだけをだらだらと考えたい。君のことだけを真剣に考えていたい。毎日はいたいことだらけでどうにも気分が嫌になってしまうけれど、ここで逆接を使う意味を君に伝えられたらな。

 

 

溶けていく意味を一人で追いかけていたい。真面目に生きることは犯罪です、と仁王立ちの君が笑いながら注意してくれて、僕はなんだか生きている心地がしたよ。

 

 

いつもと同じような今日に見えるけれど、目を凝らして見てみると昨日までとは異なることがたくさんあった。朝起きた時に考えることは昨日とは微妙に違ってて、一日が始まることに若干の期待を抱いているようだ。そんな些細な違いに気が付けるほど私の心は敏感に働いていない、鈍感なほうがいいよ。人が傷んでいることに気づいてしまったら、私はどうしても私でいることをとめられなくなってしまうから。

 

 

いつものように仕事を始めて、今日は丁寧に時間を過ごそうと決めて、いつもよりも丁寧に文字を書いてみたり、他人の会話を注意深く聞いてみたり、普段は言わないようなことを集会で言ってみたりする。そんなことで生活が揺らぐことはないんだけれど、少しだけ笑顔を浮かべてくれた君のことを今日だけは覚えてていたいな。

 

 

それなりの数の人が周りにいても私は一人であることを実感する。Aについて彼が考えていることと私が考えていることは違う、そしてそれは彼とどれだけ議論したところで合致することはないだろう。だから生活は面白くなる。

 

 

新しい人間と関係を持つことがなくなってしまって、同じような人間とばかり接していると、努力をしない限り私という人間は変わらなくて、でもそれで安心してしまう。

 

 

節約と感染対策のために毎日弁当みたいなものをお昼に食べている。外食する人は毎日外食するし、弁当を食べる人は毎日弁当を食べている。私は後者を選んで長い時間が経って、仕事と仕事の合間に仕事とはかけ離れた場所に行くのが億劫に感じる。変化のない弁当を食べ続けていると、いつか悟りを開いてしまいそうだ。

 

 

先週から私を悩ませていた比較的新鮮な仕事はケチをつけられることなく、あっさりと私のもとに返ってきた。あとはいつも通りの仕事を淡々とこなして、定時を少しすぎたあたりで帰れば一日が終わるだろうと安易に考えていた。

 

 

bigpopmonster.hatenadiary.jp

 

 

馬鹿はあたしだな 馬鹿はあたしだったんだな
馬鹿はあたしだな
馬鹿はあたしだな 馬鹿はあたしだったんだな
馬鹿は 馬鹿は
馬鹿はあたしだったんだな

クリープハイプ「手」

 

 

朝の通勤電車で「泣きたくなるほど嬉しい日々に」、昼休みに「吹き零れる程のI、哀、愛」、帰りの電車で「一つになれないなら、せめて二つだけでいよう」、夕飯を食べながら「世界観」、床に寝転びながら「待ちくたびれて朝がくる」、「踊り場から愛を込めて」、「死ぬまで一生愛されてると思ってたよ」を聴いて、これを書いている今、「チロルとポルノ」がスピーカーから流れて来て、悲しくなって泣いてしまいそう。

 

 

予期せぬ残業で心も体も疲れ切っていた今日の終盤、クリープハイプがいてくれてよかった。いつも以上に尾崎の声が近くて、いつも以上にバンドの演奏がくっきりと聞こえて、苦しんでいる時に聴くときらきら光る音楽だなと嬉しくなる。ずっと歌っていてほしい。とりとめもないことをずっとずっと。尾崎がステージに立って、自分の歌を歌っているのを見るのが私の延命措置のひとつで、それが明後日に叶えられる。今年は尾崎の弾き語りを2回見て、それはそれは素敵なライブだったけれど、やっぱりどうしても私が希求しているのはバンドとして鳴らされる音楽で、だから3年ぶりにクリープハイプのワンマンライブを観れることが嬉しくて、ライブの前日、わくわくして寝れるかな、寝れないかな。今日はすっかりクリープハイプに救われた。

 

 

最近の昼飯、夕飯はビビンバを多用している。乱用している。スーパーの棚に「ビビンバの素」が陳列されているのを見かけて、何気なく買って、それでビビンバを作ったら美味しかった。普段の食事は白米に納豆とキムチという侘しいものだから、ビビンバがあまりにも美味しすぎた。そうしたら毎日のようにビビンバを食べるようになった。ビビンバの素はちょっとの野菜とひとかけらの牛肉が入って、2人前で300円もして、ちょっと高い。そこでパックの野菜にコチュジャンとごま油をかけて、適当に買った豚肉を適当に焼いたらそれでビビンバになるんじゃないか、と思って5日前くらいにそれを試したらビビンバの素よりも美味しくなって、あまりにも美味しくて、豚肉をたくさん食べれるし、野菜もたくさん食べられるし、それなのにこんな値段でこんな簡単に作れてしまうから毎日のようにビビンバを食べている。飽きる気配が一向に来なくて(最近は炒めた卵を入れている)、このままだとあと4ヶ月もない2021年のほとんどの夕飯がビビンバになってしまうかもしれなくて、それはまた一興なのかもしれなかった。

 

 

残業のせいで頭がかっかしてて、そんな状態でいると何をしでかすか分からないから、書き散らかすように文章を一心不乱に書き続けていたらどうにかこうにか心が落ち着いてきた。私の心の安定剤は文章を書くことで、無料でどこでもいつでもできるのにこんなにも私の心を広々とさせてくれるものがこの世界に存在してくれて嬉しい。嬉しいという平易な言葉で表現したくない、でも他の言葉を考えるほど今の私は元気ではない。かっかした頭は落ち着いたけれど、どっさりと疲労がのしかかってきて、早く晴れてくれ、そして仕事が平凡に埋没してくれ、と願っているうちはいつまで経っても成長しないまま、時間だけが過ぎていく寂しいな、本当に寂しいなんて思っていないよ。

 

 

急に真面目な話をしますが、東京での新型コロナの新規感染者数が1か月半ぶりに3桁になりましたね。

 

www3.nhk.or.jp

 

この調子で第5波(多分)はピークアウトしていくのか、一時的に減っているだけで、9月の後半に控えている連休で人流が増え、また増えるのか。人流、緊急事態宣言が出ているのに減っているとは思えませんでしたけれど。

 

 

もうこれ以上どうしたらいいのかよく分かりません。

 

 

 

歩数:2,934歩