眠たげな猫の傍で

眠たげな猫の傍で

世界の果てで眠っていたいな

約束を守らない人

1ヶ月以上前から催促しているのに、「あっ、忘れてました」「あっ、忘れてました」と連呼するだけで、一向に頼んだ仕事を終わらせてくれない人がいる。その人に対する第一印象は「ふつうの人だな」というとりとめのないものだったが、何度も「あっ、忘れてました」という言葉を聞くと「この人大丈夫なのかな」と不安になり、その不安は失望に変わり、失望はやがて排除になりうる。

 

 

大した仕事ではない。そもそも間違えたのはそちらなのだから、そちらが自発的に修正すべき事項なのに、丁寧にお願いしているこちらが何度も裏切られるとはどういうことだろう。彼にとっては「些細なこと」なのかもしれないけれど、そういう「些細なこと」を何度も取りこぼすことで他人から信頼を失うということを肝に銘じておいた方がいいと思う。

 

 

「あっ、とても遅れてしまったので、直接上司に自分の口から遅れた旨を伝えたいので、来週の火曜日でもいいですか?」自分でいいと思うのならそれでいいんじゃないんですか?既に私は彼に対してどうも思っていないので、好きにしてください。次からは大切なことは彼にはお願いしないで、迅速に確実にこなしてくれる人にお願いします。