眠たげな猫の傍で

眠たげな猫の傍で

世界の果てで眠っていたいな

2021年7月4日(日)

今日も起きる。したいことはたくさんあるけれど、溜まった日記を書かなくちゃいけないし、お茶の予定があるので13時過ぎには家を出ないといけないし、ライブがあるのでそれを存分に楽しむし、楽しんだ後は帰って体を休めなくちゃいけないので、買った本、ブックファーストで買った本を読むことは後回しにならざるをえない。雨は降っている。梅雨が早く開けて欲しいと願うこの気持ちは傲慢で、農家の人はもっと振って欲しいと願うのだろうか。朝ご飯を済まし、雨がちょっぴり降っているけれど近所の神社に足を運んだ。この神社には何度、私の人生を好転させていただいただろうか。それは勝手な思い込みかもしれないけれど、世界の大半は思い込みで出来ているので、それが科学的に正しいか正しくないかなんてどうだっていい。今日もそこそこ人がいる。信心深くはないけれど、神社に来るとすっと心が落ち着くのはどうしてだろう。お祈りをして、家に帰る。

 

 

家でだらける。急にこの後お茶をしなければいけないことが面倒に思えてくる。この後会う女性に対して興味はほとんどない。ただ、とんとん拍子で話が進んで会うだけだ。仕事の時間は不規則で、もし付き合ったとしても存分にデートを満喫することはできないだろう。会えるからといってほいほい会っていたら、本当に会うべき人のときには心が擦り減っていて、「なんだかいいや」とチャンスを棒に振ってしまいそうで、だからこれから無作為に行動するのではなく、戦略的に行動していく必要がある。自分がどんな女性とお付き合いして、その末に結婚したいのか。それを明確にしてから婚活したほうがいいと思った。今更だけど、婚活って言葉、気持ち悪いな。

 

 

昼飯食べてぼーっとしてたら家を出なければいけない時間になっていた。面倒だな、もう無視してしまおうかなと思うけれど、それをされたら腹が立つので、利口な私は家を出て、渋谷に向かう。

 

 

 

 

体力を擦り減らして、疲れのせいか目が乾いてて、眩暈のようなものもあって、この後にライブ楽しめるかしらと不安になる。

 

 

bigpopmonster.hatenadiary.jp

 

 

ライブは楽しめた。めっちゃ楽しかった。

 

 

家に帰って鍋を食べる。どんな時期だろうと、お肉とお野菜をたくさん摂取できる鍋は最高なのだ。

 

f:id:bigpopmonsterpro:20210705000929j:image

 

 

KroiのCDをようやく袋から取り出す。まだ聴いてない。来月、ライブがあるからそろそろ聴き込もう。

 

 

f:id:bigpopmonsterpro:20210705212223j:image

 

 

ちょっぴり夜更かししてから寝る。疲れている。明日も休みだったらよかったのに。

 

 

12,621歩