眠たげな猫の傍で

眠たげな猫の傍で

世界の果てで眠っていたいな

2021年6月26日(土)

昨日もたぶん、彼女の事を考えてうだうだして。以前した会話を思い出したりして、彼女との生活の余韻に浸っていた。そんなことを常日頃からしてるから、今日の、そして明後日のあんなことが起きた時の精神へのダメージが強かったんだろうな。

 

 

だから朝は眠たくてうだうだしてた。眠い。もうひと眠りしたい。でもここで寝てしまったら、13時からの演劇をすっぽかしてしまうほど寝てしまいそうで怖いので、なんとか眠らない程度に体を休ませる。まだ彼女から返信は来ていなかった。うー。音楽聴いたり、バラエティ番組見たりするけれど、全然内容が頭に入ってこなかった。

 

 

簡単に昼飯を済ませて、吉祥寺へ。

ロロいつ高ファイナル2本立て公演
「vol.9『ほつれる水面で縫われたぐるみ』
vol.10『とぶ』」

の一番初めの公演、13時からの回を観る。ロロの大好きないつ高のファイナルだなんて、とても寂しいけれど、でも最後なんだから後悔を残すことなくしっかりと見届けなければ。

 

 

 

 

f:id:bigpopmonsterpro:20210629163528j:image

 

 

演劇を観終わり、非常にお腹が空いていた。吉祥寺のどこかでラーメンでも食べられればよかったのだけれど、吉祥寺の美味しいラーメン屋さんて知らないので、安心安定の新宿へ向かう。

 

 

2ヶ月ぶりのたかはし。もちろんあご塩らーめんを頼む。めっちゃ楽しみ。そんな時、ふとスマホを見たらLINEの通知が表示されていて、彼女から連絡が来ていた。

 

f:id:bigpopmonsterpro:20210629163602j:image

 

 

bigpopmonster.hatenadiary.jp

 

 

美味しいラーメンを食べたのに、ZARAでたくさん服を買ったのに、どこか満たされない気持ち、心の真ん中に大きな穴がぽっかり開いてしまったような、そんな気持ちがずっと続いてて、もう本当に苦しくて苦しくて、家に帰っても何もする気が起きず、でもなんとか力を振り絞って電話をしたけど出なかったので、メッセージを送った。

 

 

 

6,553歩