眠たげな猫の傍で

眠たげな猫の傍で

世界の果てで眠っていたいな

よーわからん

自分の今が人生のどこなんだろう。最後の方だったら、最後の盛り上がりがあったりするのだろうか。どんな場所にあったとしても、私は今を好きになりたい。毎日、悔いのない時間を過ごしたいと思っている、けれどビビってしまって前に進むことを躊躇ってしまうのが私で、そんな私を呆れながら受け入れているけれど、前に進めたらどれほどいいだろうかと思う。ずっと足踏みばかりしているのは寂しいことだけれど、でもそれが私の人生だったりするのかな、と受け入れた方が楽になるんだろう。