眠たげな猫の傍で

眠たげな猫の傍で

世界の果てで眠っていたいな

2021年6月19日(土)

久しぶりの彼女とのデートに、私は朝から正気ではなかった。ふと気づくと顔が緩んでいた。ああ、幸せとはこのことなのか。それと同時に、昨日の夜の電話のことを思い出して、ちょっぴり苛立った。でも仕方ないだろ。彼女は仕事に忙殺されていて、平日は人間的な生活を送ることが難しいんだから。

 

bigpopmonster.hatenadiary.jp

 

 

 

 

 

f:id:bigpopmonsterpro:20210629163421j:image
f:id:bigpopmonsterpro:20210629163425j:image

 

 

 

<購入した本>

阿部和重「ブラック・チェンバー・ミュージック」
ウイ「38歳、男性、独身‐‐淡々と生きているようで、実はそうでもない日常。」
中井紀夫「日本SFの臨界点 中井紀夫 山の上の交響楽」

f:id:bigpopmonsterpro:20210629163508j:image

 

 

 

 

 

 

10,964歩