眠たげな猫の傍で

眠たげな猫の傍で

世界の果てで眠っていたいな

w.o.d. ONE MAN TOUR “バック・トゥー・ザ・フューチャーⅢ”@LIQUIDROOM(2021.6.25)感想

bigpopmonster.hatenadiary.jp

 

 

もうね、最初から最後までずっとかっこよくて。それも並のかっこよさじゃないんですよ。見てて聴いてて体と心がずっと震える、ちょっと他のバンドとレベルが違いすぎるんじゃないの?と心底思うような、こんな音楽がこの世界に存在して良いの?頭がどうにかなってしまいそうなものを規制しないでいいの?とか、そんな馬鹿なことを思ってしまうくらいに今日のライブも最高だったんです。

 

 

演奏した曲は埼玉公演とほぼほぼ変わらなかったんですけれど、序盤の流れをちょっぴり変えたもので、埼玉のライブとは全然違う感じになってました。「Hi, hi, hi, there.」「モーニング ・ グローリー」の流れは一緒なんですけれど、そこから「Mayday」を演奏することで、こんなにもライブの雰囲気が変わるのかとしみじみ思いました。

 

 

今日のライブ、リキッドルームだったからなのか、それともw.o.d.の新しい楽器のおかげなのか、ギター、ベース、ドラムの音がとてもクリアに聴こえて、すごく心地よかった。音源を鬼のように聴いていたので、w.o.d.の曲は分かったつもりになっていたんですけれど(自惚れ)、ライブで聴くと、「ここってこんな感じになっていたんだ」と言ったような発見があり、だからこそ音源だけで満足してはいけないんだよなと思います。

 

 

MCはライブのラスト曲「あらしのよるに」の前までほとんどなくて。「sodalite」の前だったかな。お酒が飲めるっていいね、とサイトウさんが言っていた。それと「あらしのよるに」の前のMC。きちんと考えてこなかったのか、その場で考えるようにゆっくりと話すサイトウさん。話す内容は埼玉公演と同じような内容で。でも、これからもライブをたくさんする、という言葉にまたもやグッときてしまいました。あと、曲は誰かのために書いたようなものはなく、全部自分のために書いているんだけれど、自分が気持ちよくなるために書いている。けれど、「あらしのよるに」を書いているとき、最初は自分のために書いていたんだけれど、それがちょっと変わってきて、というMCをしていて、確かに「あらしのよるに」は他の曲にはない成分が包含されていて、それがまたたまらなく良いんですよね。今回のツアーはアンコールなし、そして「あらしのよるに」で締めるという、もう最高に出来過ぎたツアーで、それに2回も参加できたことを嬉しく思います。

 

 

照明、埼玉公演ではあまり意識していなかったんですけれど、今日の照明は曲に寄り添ったものだなと鈍感な私でも思いました。照明でこんなにも心が盛り上がるんだ、と思い、これからは照明にも気を配りながらライブを楽しめればいいなと思います。

 

 

今日のライブもあっという間に終わってしまいました。70分で終わったけれど、他のロックバンドのライブでは味わえないカタルシスを感じてて、それがライブが終わった今でもずっと続いてて。このロックバンド、近いうちに大きな箱でもソールドアウトしてしまうんだろうな、と思うと今のうちに観れるだけ観ておきたいと思ってます。次回は11月に対バンライブを企画してくれたので是非とも行きたいんですけれど、その日はユニゾンのライブと被ってしまってて。ユニゾンのライブはまだチケットが取れていないので行くかどうか分からないんですけれど。なんで大事なライブが被ってしまうのかな、と悲しくなっております。でも、明後日のフラッドのフェスで30分だけれどw.o.d.がライブをしてくれるので、もうそれを楽しみで仕方ないんですよ。彼らだけ30分しか枠がないのは納得いっていないのですが、1週間に2回もw.o.d.のライブに行けるなんて、ちょっとどうにかなってしまいそうですね。明後日のライブでは今回のツアーで演奏されなかった曲(「KELOID」とか「ハロウ」とか「THE CHAIR」)を聴きたいし、でも「LIFE IS TOO LONG」のアルバム曲(「BALACLAVA」とか「relay」)を聴きたい気持ちもあって、とてもじゃないけれど30分じゃ収まらないんだよな。とかうだうだ考えて、今日のライブの事を思い返してにやにやしている夜です。

 

 

<セットリスト>

01.Hi, hi, hi, there.

02.モーニング・グローリー

03.Mayday
----------------------------------------

04.PIEDPIPER

05.QUADROPHENIA

06.Fullface

----------------------------------------

07.lala

08.sodalite
09.煙たい部屋

----------------------------------------

10.relay

11.セプテンバーシンガーズ

12.楽園

----------------------------------------

13.BALACLAVA

14.丸い真理を蹴り上げて、マリー。
15.踊る阿呆に見る阿呆

16.1994

----------------------------------------

17.あらしのよるに

 

 

f:id:bigpopmonsterpro:20210625211813j:image

f:id:bigpopmonsterpro:20210625211824j:image

f:id:bigpopmonsterpro:20210625211837j:image