眠たげな猫の傍で

眠たげな猫の傍で

世界の果てで眠っていたいな

悲劇の主人公

悲しくない切なくない、と自分に言い聞かせる。私が悪かったのかな。彼女が悪かったのかな。たぶん、誰も悪くない。ただ、相性が悪かっただけなんだろうな。