眠たげな猫の傍で

眠たげな猫の傍で

世界の果てで眠っていたいな

胸が苦しい

寝る前に、自分は本当に彼女と付き合っているのかな、どうなんだろう、全然連絡してないし、来週の土曜日に会うのワクワクしてないし、この間の電話もなんだか義務感を彼女から感じたし、「会う頻度とかもっと増やす」とか言ってたけど特に変化はないし、ネットで「ドライな彼女」と調べてて、余計な知識を増やしてしまった。ドライな、というのは言い訳に過ぎなくて、つまりは私に興味がないんでしょ、私よりも大切なものがあるからそれを優先するのは当たり前だけれど、出会ってまだ3ヶ月だからこんなものでしょ、これからどんどん仲が深まっていくうちに今よりももっとくだけた付き合いができるでしょうと彼女は言う。どうだろうか。現在、私のことを知ろうと努力してなくて、時間が経って知ろうと思えるのかな。昨日ずっとぐちぐち悩んでいて、全然寝れなくて、朝起きたら胸が苦しい。左胸が何者かにぐわっと掴まれているような、息するのがなんだか苦しいのです。これ、何の苦しみなの。恋愛って序盤からこんなに苦しめられるものなんだっけ。なんでこんな恋愛をしてるの。こんな苦しみを味わうくらいなら、一人でのんびりと生きていたいと思うのです。