眠たげな猫の傍で

眠たげな猫の傍で

世界の果てで眠っていたいな

2021年5月1日(土)

2021年GW3日目

 

 

今日も晴れ。午前5時、ふっと目を覚ます。マンションの外か、マンションの中か、どちらかは判然としないが、男が叫んでいる。時折ガラスの割れる音が響く。笑う女の声がそれに続く。私はまだ悪夢を見ているのだろうかと、不思議と心は落ち着いている。ずーっと叫んでいるわけではなく、10分ほどの休憩を挟み、またどうしようもないことを叫んでいる。笑う女。一時間ほど経ったらそれが落ち着いて、気付いたら私は眠っていた。

 

 

変な夢のせいで、午前8時に目を覚ます。眠いけれど、二度寝をしてしまったら夜寝られなくなるかもしれないので、渋々起きる。彼女からは連絡が来ていなくて、これはいよいよ終わりか、見限られたか、と、もうどっちでもいいよと諦め気分の私がいる。別に彼女がいなくても一人で十分楽しく生きていける。彼女に好かれているのか好かれていないのかを気にして、悶々と眠れない夜を過ごすくらいだったら、一人でのうのうと暮らしていたい。好きなのか好きじゃないのかはっきりしてほしい。そうやって白黒はっきりさせようとする私は小さい人間なのです。

 

 

いつまでも呑気にしていられるわけではない。もうGWも3日目に突入してしまった。まだ何もGWらしいことを成し遂げられていない、それは旅行に行ったりライブに行ったりしていないからで、普通の、いつものありきたりの休日がただだらっと長く続くだけの、これはなんとも形容し難い休日が前にあるだけ。今日も差し迫った用事はないので、ダラダラと時間を過ごす。もう結構前から読んでいる本があって、今日中には読み終わろうと思っていて、それを読み進めていくのだけれど、少し読み進めるだけでぐっと眠くなってしまう。昨日の散々な睡眠のせいで、私の今日の体は眠たさに敏感になっているようである。10ページほど読み進めて仮眠をとり、また10ページほど読み進めて仮眠をとっているとぜんぜん前に進まないし、日中の睡眠ゲージがどんどん溜まっていってしまい、このままだと今日もすんなり眠れなくなってしまう、それだと明日のイベントに支障が出てしまう。ぐっと起きていようと思うけれど、眠たくて眠たくて仕方がない。そんなことを何回も繰り返していたらお昼ご飯どきになっていた。外に出てもぐもぐする元気はなくて、家にあったパスタを茹でて、たらこマヨパスタを食べる。前回は細い麺で食べたので満足いかなかったが、今回は太い麺で食べたので、食べ終わった後は満足感で満たされた。しかし、最近の私はお腹が伸びてしまったのか、パスタ一束では満足できず、床に転がっていたポテチを目敏く見つけて、ポリポリ食べて時間が流れていく。

 

 

14時を過ぎて、このままのんびりと家にいるのはなんとも勿体ないGWの過ごし方だよなと思い、一念発起して外に繰り出す。快晴、太陽の光が燦々と降り注いでいて、ちょっと暑いくらいの気候が寝不足の私には心地良かった。電車に乗って新宿へ。昨日貰えなかった薬を貰い、ニトリに寄ってようやくバスマットを購入し、他は寄り道しないで家に帰った。新宿の人通り、西口と南口しか見ていないけれどそこそこ人がいて、私も含めて緊急事態宣言を深刻に受け止めている人は少ないんだな、という印象。家に帰る前にスーパーで今日の夜ご飯の材料を買う。ここでも沢山の人がいて、深く考えることは諦めてさっさと抜け出す。

 

 

家に帰って、だらだらと時間を過ごす。YouTubeで中止になってしまった荒吐の配信である「THINK OF MICHINOKU」を観る。荒吐は開催できなかったけれど、今日、千葉と埼玉ではロックフェスが行われている。ようやく、ようやく開催に漕ぎ着けたというのに、ネットを徘徊しているとマナーを履き違えている連中がたくさんいるそうで、明日参加するのが怖くなってきた。全員が全員、まともな思考を持ち合わせた人間でないことは分かっているのだけれど、運営陣にはもう少し大胆なアクションを起こして欲しい。ガイドラインで禁止されている席取り、アルコールの持ち込みなどがされていて、それらをしていることを堂々とSNSに発信している連中を見つけると悲しい気持ちになるし、こいつらのせいで取り返しのつかないことが起きてしまったら......。これ以上こんなことを考えていても何も変わらないし、暗い気持ちでフェスに望みたくないので、これ以上このことについては考えませんが、もし万が一にでもフェスに参加しているときに危険を感じたらすぐに逃げるつもりです。最初からそんな場所は行かなければいいじゃん、という簡単な話ではなくて、本当に本当に待ち望んで開催されているフェスなので、関係者が苦しんでいる姿を見たくないのです。

 

 

UNISON SQUARE GARDEN Revival Tour「Spring Spring Spring」のグッズが届いてニヤニヤしている。東京でのライブは難しいだろうか......。

 

f:id:bigpopmonsterpro:20210501195721j:image

 

 

「THINK OF MICHINOKU」、出演している人が豪華すぎる。それでも観てて一番心を動かされたのはさわおさんで、今年の荒吐で歌う予定だった「Fool on the planet」の弾き語りがめちゃくちゃかっこよくて、

 

時代が望んでも
流されて歌ったりしないぜ
全てが変わっても
僕は変わらない

 

20年前の曲だけど、歌詞の通りに今だってさわおさんは変わらずに輝いてくれているのは希望です。そして今日が「RETURN TO THIRD MOVEMENT! Vol.3」の当落発表で、前回の渋谷は駄目だったんですけれど、恵比寿、当たったよ~~~!!!嬉しすぎる。「Smile」と「Thank you, my twilight」を全曲聴けるのか、嬉しすぎるよ~~~!!6月なので、ライブが開催されるかどうかはまだまだ未知数なんですけれど、無事にライブが実現して、それを目の当たりにしたらきっと泣いてしまう。こんな時期に聴く「クタバレニンゲンドモ」、すごく盛り上がるんだろうな。できれば声が出せるときに行きたかったけれど、仕方ないよな。チケットを手に入れられただけでも有り難いよな。楽しみすぎる。当分は「Smile」と「Thank you, my twilight」を鬼リピしそうです。

 

 

当初は雨の予報ではなかったけれど、夕方から芳しくない天気になり、夜には雷を伴う酷い天気で、急激な低気圧により頭が痛いよ。さっさと寝たいけれど、昼寝をしてしまったのでなかなか寝付けないんだよ。う~。

 

 

未だに明日ロックフェスに行くという実感がないし、行っていいものなのか分からない。でも、行ったらきっとむちゃくちゃに楽しいし、そんな楽しい瞬間は生きているうちにそんなにないんだから、難しいことは考えないで、気楽に気楽に、楽しんできます。

 

 

f:id:bigpopmonsterpro:20210501223907j:image

 

 

滝口悠生「高架線」を読み終えた。もっと曖昧な表現が欲しかった。

 

 

5,457歩