眠たげな猫の傍で

眠たげな猫の傍で

世界の果てで眠っていたいな

恋愛に行き詰まったら他ごとをしておけ

2日間彼女に電話を試みて、どちらも失敗に終わった。今日、もしかしたら彼女から電話がかかってくるかな、と勝手に期待してソワソワしていた。そのソワソワは時間が経つにつれて若干の苛立ちを含み、そんな感情を抱いている自分に嫌気が差し、彼女のことを考えないようにラジオを聞いたり本を読んだらなどしていた。まだ身体は回復しきっていないのでぼけーっと布団の上に横たわっているのが最善策なのかもしれないけれど、そんなことをしていたらついつい彼女のことを考えてしまうので、とにかく彼女のことを考えないように努めた。そうしたら普段はなあなあに過ごしている仕事の後の時間が充実した。今まで意識したこともなかったようなところまで意識が行き届いて、こんなことならもっと前から集中して取り組めばよかったと後悔しているし、今気づけて良かったと思う。

 

 

恋愛のことばかり考えているといずれ病む。人間関係は不安定なもので、良い時もあれば悪い時もある。悪い時には往々にして相手の粗が目立ちやすく、揚げ足を取っては勝手に相手を批判して溜飲を下げている。そんなことしてても疲れるだけだし、相手に対して勝手に不満が募っていくだけなので、恋愛のことばかりを考えるのはやめた。働いている時や趣味に集中している時は恋愛のことを考える余裕がないので精神が闇堕ちすることはないけれど、暇になると物事を悪い方へ悪い方へと考え詰めてしまう傾向にあるので、そういった状況になりつつあるなと自覚したら目の前のことに集中するなり、将来のことに思いを馳せたりなどして、とにかく一つのことだけに執着しないこと。恋愛に執着すればするほど泥沼に落ちることは、もうこれまでの経験で痛いほど体験しているんだから、もう大人の恋をしようよ。