眠たげな猫の傍で

眠たげな猫の傍で

世界の果てで眠っていたいな

人と接することに、恋人との付き合い方に正解なんてない

苦しい。

 

 

どのような言動を取れば人に好かれます、恋人により好かれますなんてことに正解はない。世間で蔓延っているあれやこれは各々が好き勝手言っているだけだし、その言動がうまくいったからといってそれが他のケースでうまくいくだなんて保証はない。どのようなコミュニケーションを取れば他人と良好な関係を築けるなんて、そんなもの、今まで他人にさほど興味を持ってこなかった私にはさらさら分からないし、だからこそとても悩む。どうしたらいいの、彼女が好きで、会えば会うほど、話せば話すほど、文章をやり取りすればするほど彼女のことがどんどん好きになっていくの。この思いをどうすればいいのか分からない。彼女に直接、オブラートに包み隠すことなく伝えればいいのかな。それはどうも私が一方的に相手を好きみたいで、なんだか恥ずかしいじゃないか。5歳も年上の私だけが勝手に舞いあがっていて、年下の彼女はとても冷静だとしたら、それはそれは悲しくて切ないじゃないか。

 

 

苦しい。

 

 

人は恋愛をして苦しくなるから歌を作るのだろうか、物語を作るのだろうか。私にはそのような才覚がないので、取り止めもない感情をこうやって文章に変換している。後で読み返したら意味不明な、誰が読んでも失笑してしまうような文章。それでも私は、自分の思いを素直に文章に置き換えるよ。

 

 

苦しい。

 

 

彼女が恋人の私よりも友達のことを優先するのは尤もなことである。今までたくさんの時間を過ごしてきて、深い絆で結ばれている友達を優先するに決まっているじゃないか。今まで長い間友達で、そこから発展して恋人関係になるなら恋人よりも友達を優先することに不満を持つものむべなるかなとは思う。ただ私の場合は、マッチングアプリで出会った、ぽっと出の恋人なので、そりゃ友達を優先するよ。お前でも恋人より友達を優先するよな。いや、いや、私にも友達と呼べる存在はいるけれど、彼らは全員地元に残っていて、私は東京で一人で暮らしている。だから、仮にマッチングアプリで出会ったぽっと出の恋人であったとしても、私は恋人を優先するだろう。ライブと恋人、どっちを優先するんだと問われたら、ついつい口を噤んでしまう私がいるのは一旦置いておく。

 

 

苦しい。

 

 

何が苦しいんだったっけ。彼女のことが好きだけれど、それは久しぶりにできた恋人だから勝手に好きになっているだけで、本当は私は彼女のことを本気で好きではなかったとか、そういうオチなのか。

 

 

悲しい。

 

 

ここからどうすればいいのか、どうするのが正解なのか、分からない。友達に相談したら、それ相応の答えが返ってくるだろう。そうじゃない。私がすべきなのは、他人に将来の判断を委ねるのではなく、自分自身で、自分の行動を決めること、そしてそれを実践することだろ。逃げるな。立ち向かえ。

 

 

苦しい。

 

 

恋愛は苦しいだろ。その人を好きになればなるほど苦しくなるよ。嫌いになればなるほどもっと苦しくなるよ。それでも恋愛を続けたいのならば、その覚悟があるならば、迷っている場合じゃないだろ。

 

 

動け。