眠たげな猫の傍で

眠たげな猫の傍で

世界の果てで眠っていたいな

しんどかった

bigpopmonster.hatenadiary.jp

 

仕事でくたくたになった。しょうもない仕事でくたくたになった。精神的なぶぶんがものすごく削られ、希死念慮に襲われそうになった。営業の時の、あのだるすぎる仕事に比べたら、今の仕事なんて比べるべくもなく楽すぎるんだけれど、ストレス耐性がぐんと低くなってしまった今の私には、今日のストレスだけでお腹がはちきれそうになった。ミス自体はどれだけ注意したとしても発生しうる可能性はあるので、ミスをした後にどのような対応をとるのか。もちろんミスをしないに越した事はないんだけど、ミスをした後にどのような対応ができるのかそれも大事だと思うのだ。

 

 

話が話が少しずれるが、職場にいるとものすごく寂しさを感じる。家にいるときは感じない類の寂しさを、人に囲まれている職場にいるときはものすごく感じて、それは分かり合える人がいないからだと思う。力を合わせて仕事をするという場面がほとんどなく、一人ひとりがそれぞれの場所で仕事をしているような、そういった感じの職場なので、同僚と対話を重ねて仕事の質を高めていくような、そういった胸踊る場面は皆無である。仕事をしていてわからないことがあり、それを先輩に聞いていても、上司がツカツカと近付いてきて窘められる。

 

「腹の立つ声が大きく響いていたから来たんだけれど、一体何話していたんだ」

 

そんなこと言われると、なんで仕事をしているのかが分からなくなる。あなたはどうしてその場所にいるのですか。無性に腹が立って、でも腹が立ちすぎると逆に呆れ返ってしまう。もうどうでもいいや、最低限のことだけすればいいや、という状態になり、できる限り自分の体力を消耗しないような働き方を選ぶ。こんなの自分のしたかった仕事じゃないの。じゃああなたがしたかった仕事って何ですか?と誰かに聞かれたところでうまく答えることができないんだけれど。

 

 

どうしたらいいんだろう。仕事で困った時に気軽に相談できるような同期や先輩、後輩がいてくれたらよかったんだけれど、私の周りにはそういった人がいなかった。職場の人同士でそういったやりとりを目にする機会はあるにはあるが、どうも上っ面な会話しかしていないようで、よくそんなので複雑な仕事ができるなと思う。複雑そうに見えるのは私がまだ仕事を十分に理解していないからで、ある程度仕事を理解したら単調な仕事に思えるだろう。

 

 

本当に今日はストレスが溜まって、もうなんで会社に来てこんなしょうもないことをしているのか、そんなことまで考えてしまった。そういうときに愚痴をこぼせるような同僚が同じ職場いてくれたらすごい救われるし、この会社にいたいと思えるけれど、そういった人間が一人もいないので、私は一人で愚痴を抱えることになる。家に帰って、一人になり、無性に誰かに相談したくなって。でも彼女はすでに寝てて、本当に寝ているのかは知らないけれど、そういった時に相談できるような、愚痴をこぼせるような間柄でいたかったなと思う。ここから関係性を向上させられるようなメンタルが残っていなかった。

 

 

今日の夜は、もう眠たいんだけれど、無性に聴きたいので、UNISON SQUARE GARDENの「JET CO.」を聴いて寝る寝ようもう寝ようよ。

f:id:bigpopmonsterpro:20210426232904j:image