眠たげな猫の傍で

眠たげな猫の傍で

世界の果てで眠っていたいな

「好き」の魔法が解けてくる

タイトルを書いていて、「どこのメルヘンチックな女の子なんだろう」と我に返りそうになったが、彼女に対する「好き」の魔法が解けつつあるのでこのタイトルにした。付き合いたての頃はまだお互いの良いぶぶんしか見えないようになっていて、それはそれは相手のことが好きで好きで仕方がなく、「ああ幸せだな、幸せだな」と幸せを噛み締めていた。しかし、先日のデートを終え、自分のなかでの彼女に対する好きが落ち着いてくると、「果たして私は彼女のことが好きなのだろうか」という疑問にぶつかった。

 


彼女と付き合うようになったのは、私が積極的にアプローチしたからであり、彼女の方から私に対する好意を感じる場面は殆ど無かったと言っていいだろう。ある程度付き合うようになったら私に対して好意を持ってくれて、その好意を私に対して表現してくれるだろうか、と思っていたが、先日のデートでもそういう素振りは特になく、ただ彼女の好きなもの、ディズニーとか甘いものとか、あとは仕事の愚痴の話をしていた。今冷静になって考えてみて、果たして彼女と話していて楽しかっただろうか?会話を取り巻くあれこれを一切無視し、会話だけを思い返してみると、正直なところそこまで楽しいと感じる場面がなかった。それは彼女に気を遣い、彼女の好きなものの話を全力で振っていたからかもしれない。私の好きなこと、例えばピロウズの話とか、あとは本の話とか、それと仕事の愚痴とかを言ったら多分、「私自身」は会話をしていて楽しくなるだろう。問題は、そのような話をしていて彼女が楽しいと感じるかどうかで、おそらく楽しくはないだろう。たまに、本当にたまにだけど私の趣味の話になり、私が熱心に話していると、若干引いているように感じられる。にこやかな表情で熱心に聞いてくれていたけれど、内心では(あまり興味がないんだけれどな)と思っていたんじゃないか、と思って今更になってそれらの話をしたことを後悔している。

 


ここからどうしていくか。まずなにをどうしていくかなのだけれど、なにをどうすればいいの?一旦落ち着こう。現時点では私はまだ彼女と付き合っていたいから、彼女を好きだという気持ちをしっかりと育てていく。それと、彼女が私に好意を持ってくれるようになってくれること。最後は、付き合っていて楽しいと思えること。

 


「彼女を好きだという気持ちをしっかりと育てる」

これは意図的に仕掛けて育つものではなく、一緒にいる時間を増やしたら、些細なコミュニケーションでも怠らないで積極的にしていけば、勝手にもっと好きになっていくはず、多分。

 


「彼女が私に好意を持ってくれるようになってくれること」

どれだけ私が努力をしたところで、彼女にその気がないのなら難しい。ただ、現時点で彼女が私に対して好意が一切ないというのなら、いっそのこと振ってほしい。私はあと数カ月で30歳になってしまう。うかうかしていられない年齢なので、とりあえずのキープなら(汚い言葉を使ってすいません)さっさとリリースしてくれ。もしちょっとでも好意を持っていてくれるのなら、ちょっとでもいいから私に分かるように表現して欲しい。私は微妙な好意の表現だと気付かないくらい、鈍感な男なのです。その鈍感をまず直せよ、という話ではあるのですが......。

 


「付き合っていて楽しいと思えること」

先日のデートを思い返してみて、私の会話する力があまりにも稚拙であることを痛感させられた。彼女がしーんとなってしまうような話を振ることは出来ないと勝手に憶病になり、積極的に話を振ることが出来ない私に対し、彼女は「昨日は何していたの?」「今日は家族でリモート飲みをするんだよ」「もう休日が終わってしまう。儚い......」「モンハンって難しいよね」と、私でも無理なく話せるような話題をとんとんとん、と打ち上げてくれて、私と彼女の間には殆ど沈黙はなく、気持ちよく話せていたと思う。......こう考えてみると、私の会話する力がないせいで先日のデートがつまらなく感じていた、要は私が変われば会話を楽しいと思えるんじゃないか、と今更ながらのことに気付いた。彼女は何も悪くなかった。誰かや何かに対して憎しみをぶつけるような子ではないので、そういった話題をされて嫌な気分になるようなことはない。私があまりにもポンコツ過ぎて、話をうまく広げられなかった。「How(どのような)と「Why(どうして)」が会話に足りなかったので、物足りなく感じたのだろう。それらを意識的に会話に取り込むことで、もう少しまともな会話になるんじゃないだろうか。

 

 

 

いろいろああだこうだと書いてみたけれど、「好き」の魔法なんてものは最初から存在してなくて、単に私の能力不足だったことがなんとなくだけれど分かった。なので、自分で努力できるところは全力で努力する。そのうえで、彼女が私に対してどのような感情を抱いてくれるのか。1か月後くらいにどうなっているのか楽しみ。1か月後に彼女と何回会えるか分からないけれど。