眠たげな猫の傍で

眠たげな猫の傍で

世界の果てで眠っていたいな

君の声

君の声が聞きたかったから、理由はないけど電話をした

 

社会人になって初めての恋人 いつだって君は私に元気をくれる

 

辛い時や寂しい時に 君の声を聞くとなぜだか安心するんだ

 

どうしてもいてもたってもいられなくて 君への想いを素直に伝えた

 

笑顔で受け止めてくれる君 それだけでなんだか生きていこうと思えるよ

 

いつまでも一緒にいられたらいいな いつまでも一緒にいられたらいいな

 

君の声を忘れないように 何度も何度でも君との会話を思い出して

 

でもねすぐに忘れてしまうんだ 君と話したことを

 

私はとても物覚えが悪くて だからいつも君には迷惑かけてばかりだけれど

 

今度君の家にお邪魔する時に この間言っていたチーズケーキを持っていくね

 

私はずっとずっと君といたいと思ってて

 

君も同じことを思ってくれているといいな

 

いつまでも君と一緒にいられたらいいな