眠たげな猫の傍で

眠たげな猫の傍で

世界の果てで眠っていたいな

2021年3月11日(木)

 

 

 

 

 

<購入した本> 

榎田ユウリ「この春、とうに死んでるあなたを探して」(サイン本)
神永学「ガラスの城壁」(サイン本)
篠たまき「氷室の華」(サイン本)
紙木織々「それでも、あなたは回すのか」(サイン本)

 

f:id:bigpopmonsterpro:20210311193130j:image

 

 

 

 

 

 

f:id:bigpopmonsterpro:20210311220213p:image

 

 

 

 

 

 妻と一緒に暮らしていた頃は、毎日の日記をつけていなかった。私の過去には日記のある過去と、日記のない過去があって、日記のない過去のことが相対的に覚束ないものになっている気がしてならないし、それは理屈にかなっていることだ。毎日同じように思っているようなことや、自分が言ったことを、日記に書くことは、実際書く時には大変間抜けなことのように思えるのだが、しかし書かないといくら毎日思っていても、自分で考え、自分で発した言葉でも、そのほとんどをきれいさっぱり忘れてしまう。むしろこうやって繰り返し聞いた妻の言葉の方が不意によみがえったりもするのだが、じゃあその前に、あるいはあとに、自分はなんと言っていたのか、それはいっこうに思い出せないのだった。

 

滝口悠生高田馬場の馬鹿」(「茄子の輝き」)p82,83より引用