眠たげな猫の傍で

眠たげな猫の傍で

世界の果てで眠っていたいな

恋人づくりは一ヶ月にして成らず

マッチングアプリを使ってたくさんの女性とやり取りをして、恋人づくりは一ヶ月では成しえれないこと、今まで恋人を積極的に作ってこなかった者として、この年から恋人を作ろうとすることはなかなかハードなゲームであることを思い知らされた。イケメンであったり高年収であったり、最初からスペックに恵まれていたらハードなゲームではないのかもしれないが、人並みのスペックしか持ち合わせていない私のような人間はコツコツと努力を積み重ねないと女性に関心を持ってもらうことは困難なことである。

 

 

まずデートをする場所。他人と近距離で過ごすことが苦手で進んで喫茶店に行こうとしてこなかったので、どんな喫茶店がデートに適しているのかを初めの頃は知らなかった。チェーン店の喫茶店はないとは分かるが、どういった喫茶店だと女性に好印象を持ってもらえるのかが分からなかった。ネットでしつこく情報を探すこと、そして実際に行ってみて喫茶店の雰囲気を自分の肌で味わうこと。これをしつこいくらいに繰り返すことで、都内のあらゆる場所にお気に入りの喫茶店が出来るだろう。女性が喫茶店を気に入ってくれたら、その時点で私の好印象ポイントは上がるので、これからも全力でデートに適した喫茶店を探していく。

 

 

次に話し方。これが一番重要だと思う。自分の話はし過ぎない、相手の話は遮らずに最後まで聞き、全力で共感すること。それは婚活をしていくうえで当たり前のことなんだけれど、今まで婚活という特殊な競技に参加してこなかった人間からしたらなかなかハードルの高い作業である。無意識に自分の話を嬉々として話してしまうし、自分の意見を通したい場合は相手の考えを否定することをしていた。それらは婚活をしていく上ではデメリットでしかないことであることをこれまでの経験で思い知った。女性は誰しもが自分の話を沢山話したいし、自分の話に共感されたらとても嬉しいのだろう(但し例外もいる)。それらのことを守れば下手なところで足切りされることはなくなるのだろう。ただ普段から人と話すことをしていない私にはそもそもの話、初対面の相手と話すことに極度に緊張してしまっている。B子さんとのデートではそれが顕著に現れてしまった。

 

 

どうすれば初対面の女性に緊張しないで話すことが出来るのだろうか。これにはたくさんの方法があって、今はそれらを一つひとつ検証している最中である。コミュニケーションに関する本を沢山読んでいるし、ネットでもそれらに関する情報を収集している。それらが本当に効くのかは実践してみないと分からないので、実際のデートで使わせてもらっている。明日は明美さんとのデートが控えていて、申し訳ないが正直なところ明美さんには今のところ本気度は弱いので、コミュニケーションの練習としてデートを体験させてもらう。なかなかに失礼なことだと思うけれど、プロの人間ではない、一般の人との経験をたくさん積むことで成長が早くなると思っている。もちろんデートのお金は私が全部持つので、まあなんというか、ただでお茶が飲めてよかったね、なんて風に考えるのはクズだろう。今まで圧倒的に人とコミュニケーションをしてこなかったので、29歳だけれどここから一気に経験を増やしていくことでいい意味で女性に対して緊張しない、余裕を持って接することが出来るように努力をしていく。

 

 

その他にも清潔感を大事にしたり、服装にも気をつけたりなど、今までの一人大好き生活のときには全く意識してこなかったことにも意識を向けるようになって、少しずつではあるけれど自分という人間に自信を持ちつつある。今までが極端に気を遣い過ぎていなかっただけではあるけれど、婚活のおかげで自分を良い方向へ持って行けていることは救いである。婚活との葛藤がいつまで続くのかは知らないけれど、納得いくまで続けるつもりだし、今回は途中で放り出すことなく最後まで続けられるように、たまには盛大に息抜きをしながらやっていきたいと思います。2021年内には恋人が出来るといいな、じゃなくて恋人を必ず作る。以上です。