眠たげな猫の傍で

眠たげな猫の傍で

世界の果てで眠っていたいな

衝撃的な本に出会った

昨日の夜は恋愛のことで落ち込んでいて、その落ち込んでいる状態が嫌だったのでとある本を読んでいた。コミュニケーションに関する本で、小手先のしょぼいテクニックを紹介するものではなく、意識の根本から変えていくような本で、読んでいて苦しくなった。自分はこんなレベルで人と接していなかったし、緊張していて自分のことばかり考えていたことを思い知らされた。以前も読んだのだが、ナンパのくだりで読むのがしんどくなって途中で放り出していた。今回は切実に悩んでいたので、するすると読み進んでいき、私が取り組むべきは小手先のものではなく、意識の根本から変えていくようなことであった。今まで読んできたコミュニケーションの本とは明らかにレベルが違う、この本をしっかりと読み込んで、本に書かれていることを丁寧に実行していけば確実に人と接することに意義を見出せるような、そんな気分がしている。多分そんな風に真剣に取り組んだら人のことがどんどんと自分の中に入り込んできてしまって苦しい場面があるかもしれないけれど、それでも人と深いところで接したい気持ちがあるので、本をしっかりと読み込んで実践していくのだろう。とにかくいろんな人とたくさん出会って、いろんなコミュニケーションをとって経験値を上げていきたい。そう思える良書です。