眠たげな猫の傍で

眠たげな猫の傍で

世界の果てで眠っていたいな

The Cheserasera『Mouth to Mouth e.p.』Release Tour@渋谷CLUB QUATTRO(2021.2.6)感想

bigpopmonster.hatenadiary.jp

 

約3ヶ月ぶりのThe Cheseraseraのワンマンライブ。The Cheseraseraのライブを渋谷CLUB QUATTROという、そこそこ大きい場所で観れるということ、そのチケットが完売したということにグッと来るものがある。こんな時期なのに、いやこんな時期だからこそThe Cheseraseraを観たい人が今日のライブに集ったわけだし、現地に行くことが叶わない人への配慮として配信をされていたので、準備万端だった。

 

 

始まってみればあっという間の1時間40分だった。ダブルアンコールを含めて全19曲、演奏した曲の順序は完璧には覚えていない。最初に「賛美歌」で始まり、5曲目あたりに「Youth」が来て、アンコール1曲目に「灰色の虹」は完全に俺得のセットリストだった。「YES」で彼らを知ったので、「YES」には他のアルバムにはない特別感を勝手に抱いていて、そのなかでも好きな曲を演奏してくれたのでそれだけで十分に満足だった。もちろんそれだけで済むはずがないのがThe Cheseraseraのライブである。

 

 

緊急事態宣言下でライブをするのはどうなんだ、という話があって、でも自分たちはライブをすることを選んだ。それでたくさんの批判を受けようと全て引き受ける覚悟でいる、とMCで言い切った宍戸は「YES」のリリースツアーのライブで観た時よりしっかりとした印象を受け、二人も相変わらずというか、西田はファイナルでは緊張でがちがちだし、美代は美代で相変わらずネガティブだし、この三人だからこそThe Cheseraseraという音楽が鳴らせるんだろう、と嬉しくなった。

 

 

勿論新譜「Mouth to Mouth e.p.」の曲も素晴らしく響いていた。音源よりより優しくなっている「ロスタイムボーイ」にぐっと来て、本編ラストに演奏された「グッドラック」「ひとりごと」でこれからの彼らも素晴らしい曲を作り続けてくれるだろうことを確信した。

 

 

久しぶりのライブ、久しぶりの大きな音、幸せな空間がそこには広がっていた。

 

 

<セットリスト>

 

01.賛美歌
02.アイスキャンディー
03.BLUE
04.Youth
05.愛が聞こえない
06.月は面影
07.うたかたの日々
08.白雪
09.ロスタイムボーイ
10.幻
11.フィーリングナイス
12.Blues Driver
13.月と太陽の日々
14.最後の恋
15.グッドラック
16.ひとりごと
EN
17.灰色の虹
18.FLOWER
EN2
19.I Hate Love Song

f:id:bigpopmonsterpro:20210206163618j:image