眠たげな猫の傍で

眠たげな猫の傍で

世界の果てで眠っていたいな

10日間限定マッチングアプリ体験9日目「LINEを交換した。次はデート」

 

bigpopmonster.hatenadiary.jp

 

メッセージを送れる期間が終了するので、思い切って「お茶しませんか?」とメッセージを送った。「ぜひぜひ!行きましょう!」と快諾のメッセージが来て、ふっと肩の荷が下りた気分。ようやく第一関門をクリアした、その幸せの余韻に浸っている。場合ではない。次なるミッションとして、「デートを成功させる」というのがあり、これを何度か成功させることで、光り輝く未来が待っている。ここでうかうかしていられない。

 

 

まずはデートの日程、場所を決める。居住している県が異なるので、どちらが都合がいいのかをヒアリングしながら、同時進行でおしゃれなカフェを検索する。あまり気を張っても仕方ないので、そこまで緊張しないように進めていく。

 

 

デートのときの服装はどうしようだとか、どんな話題で盛り上がろうだとか、2回目に繋げるためにはどうしたらいいのだとか、そういうことを考えている時間というものが最近の私には存在していないものだったのでとても新鮮、なんというかすごく「生きている」感じがして、全身から生命力が漲ってくるようだ。どうか成功しますように。成功させるためには下準備をしっかりしないといけない。「婚活マニュアル」なんて胡散臭い題名の本があって、でもそれは一からきちんと婚活に関するマニュアルが書かれている良書で、一昨年に買ったんだけれど実家に置き忘れてしまったので、慌ててKindleで購入して熟読している。どうか、どうか今回は幸せな結末が待っていますように。