眠たげな猫の傍で

眠たげな猫の傍で

世界の果てで眠っていたいな

共通の趣味とかの話をしている場合ではない

マッチングアプリで女性とマッチングすると、メッセージのやり取りが出来るようになる。そこでのメッセージのやり取りでだいぶ疲弊してしまった。無難なやり取りとして、共通の趣味を軸にメッセージを送ることがある。そこまで興味がなくても、唯一の共通点なのでその話を進める。「そうなんですね、おすすめを教えてください」なんてつまらないやり取りをしてて、本当にこんなことをする必要があるのだろうかと疑問符で頭が埋め尽くされる。それで何回かやり取りが続き、さて趣味の話もそこそこしたしもうちょっと突っ込んだことを訊いてみたいな、と思った矢先にメッセージが返ってこなくなる。私の返信がまずかったのか。それともそもそもそこまで相手を求めていなかったのか。そんなことを何度か繰り返していると、そもそも趣味の話なんて求められていないのでないかと思えてくる。ネットの有識者ぶった奴らは、「まずは趣味の話でお互いの共通点を知り、二人の距離を縮めましょう」と言っているが、そんなものは有利なものを持っている奴らの特権で、一般市民の私はそんなことをしていても女性と会えるまでに辿り着かないことを悟った。ならば駄目もとでいきなり突っ込んだ話をしたほうがいいのではないか。結婚する意思のない女性だっているだろう、ちやほやされたくて安直に入会している女性だっているだろう。そんな女性とやり取りして疲弊し、結婚したい意思がある女性に辿り着かないのは滑稽だ。もう趣味の話なんてしている場合ではない。相手が本当に結婚したいと思っているのか、多少の変化球を交えて訊いてみる。それで駄目でも、「共通の趣味」なんてくだらない話で時間を無駄にしなくて済むなら、それでいいような気がしている。あと数日でマッチングアプリのメッセージ機能が使えなくなるけれど、試しにそのような方法でやっていきます。ああ、人と知り合うってめんどくさいな!