眠たげな猫の傍で

眠たげな猫の傍で

世界の果てで眠っていたいな

2021年1月3日(日)

夜遅くに寝たせいだろう、今日も起きたのはお昼だった。こんな調子だと、明日も朝に起きられないような気がしていて、ちょっとだけ震えている。新年早々、遅刻だなんて洒落にならないよ......。下に降りて、朝昼兼用としてたらこマヨパスタを食べる。今年初めてのパスタも、相変わらず大好きなたらこマヨで。お腹が空いていたのであっという間に平らげてしまって、さてどうしたものか、まだ13時過ぎ、たくさんの自由な時間が私の目の前で広がっている。ふと映画が観たくなって、Netflixで配信されている「BOOKSMART」(2019)を観る。去年、映画館で公開されているときからずっと気になっていた作品。卒業まで勉強だけしてきた二人の真面目な女の子、遊んでばかりいたと思っていた周りの連中はちゃっかり勉強していていい大学に入る。何それ、許せないんですけど、ということで卒業パーティーではっちゃけるために奮闘するのだが......、という簡単な話。思っていたよりも馬鹿っぽい話、でもちゃんと最後まで飽きさせないように工夫されていたし、海外の卒業パーティーはこんな感じなんだろうかとちょっぴり勉強になったし、何より主演の2人の演技が素晴らしかったので、新年一発目に観てよかったと思える作品でした。今年はたくさんの映画を観る年にしたい。

 

f:id:bigpopmonsterpro:20210103235359j:plain

「BOOKSMART(2019)」(☆☆☆)

 

映画を観終わると、次は読書をしたくなって、読みかけの吉田篤弘「なにごともなく、晴天。」を読む。優しい世界、優しい文章で、ついつい読み進めているとあっという間に時間が過ぎてしまっていて、夜になっていた。考えるのが面倒だったので夕飯もたらこマヨパスタを食べて、USG2020「LIVE(in the)HOUSE -Count Down Style-」の再び見る。これで3回目だけれど、見れば見るほど「Patrick Vegee」の虜になるし、トークも面白いし、なによりおまけのライブの選曲が素晴らしくて、ずっと見ていたくなる。お願いだから、円盤にしてください。

f:id:bigpopmonsterpro:20210104001006p:image

 

配信ライブを観終えて、24時過ぎ、まだ眠気はやって来ていなかった。明日は新年の挨拶をしないといけないので普段よりも早めに出勤したほうがいいかなと思っているので、そろそろ寝ないといけないけれど、全くと言っていいほど眠気が来ない。お昼に読書をしているときにうとうとしてしまって、1時間ほど寝てしまったのも効いているのだろう。どうしよう、どうしたらいいのだろう。ただ、こういう時に焦れば焦るほど眠りから遠ざかっていくのは経験上知っているので、そ知らぬふりをして過ごす。本でも読んでいれば眠気が来るだろう。ふと目についた最果タヒ「コンプレックス・プリズム」を読み進める。彼女のエッセイは読んでいると自分の鈍感さを思い知らされると同時に、こんな敏感に反応する人がいるということ、それを意識して普段の行動を心掛けないといけないな、と思う。今日は読んでいても全然眠くならないで、26時を過ぎてしまった。どうしよう、明日起きられないかもしれない、という不安でまた眠気から遠ざかっていく。もうこれは寝るのを諦めて本でも読んでおけ、ということなのだろう。と開き直って、先日購入した横尾忠則「言葉を離れる」を読み始める。インパクトのある表紙に惹かれて思わず購入してしまったが、中身は想像していたものと違った。もっと軽いエッセイみたいなものだと思っていたが、名前を聞いたことのないような昔の人の考えを挙げて、「今の自分は読書をしてこなかったから創り上げられたのだ」ということを淡々と書いていて、「読書をしない人生も、読書をする人生と同じくらいの価値がある。読書ばかりしていたら活字だけの知識だけで芯のない人間になってしまう」なんてことをつらつら考えていた。ちょっとだけ難しく、それがうまく作用してくれたおかげか、20分ほど読んでいたら眠気がすーっと訪れて、そのままの心地で布団に潜り込んで目を瞑ったらすーっと眠りに包まれていった。