眠たげな猫の傍で

眠たげな猫の傍で

世界の果てで眠っていたいな

明日、結婚式に行くべきか否か

今更の話だけれど、明日の結婚式には行かないほうが良いと思う。東京からの出席者はおそらく私だけだろう、あとは東海三県からの出席者が多数ではなかろうか。先日、東京の新型コロナ感染者数は800人を超えた。1,000人を超える日もそう遠くはないだろう。そんな状況のなか、暢気に結婚式に行っている場合ではない(暢気に結婚式を挙げている場合でもないと思うが)。結婚式を挙げる同期は私を招待してはみたものの、本当は断ってくれることを望んでいるのではないか。数少ない同期なので、私だけ招待しないというのも悪い、と思って誘ってくれたのかもしれない。私の方から「結婚式を欠席させていただきます」と言うより、あちらから「コロナが酷くなっているけれど、大丈夫ですか」というニュアンスのことを一言でもいいから聞いてくれればよかったのに、とは思う。そうしてくれれば断りやすいのにな。コロナ騒動が起きてから、私は外で飲むことは一度もしていないし、そのおかげかは知らないがまだ新型コロナに感染していない。しかし、症状がないだけで現在、新型コロナに感染している恐れがある。式場では出来る限りの感染症対策を行っているとは思うが、お酒が入ってしまうとついつい気が緩んでしまうだろう(だから外でアルコールを摂取するのは避けてきた)。もし私から他の出席者へ新型コロナをばら撒いてしまうのは怖いし、反対に他の出席者から新型コロナを貰うのも怖い。それだけ、人とご飯を食べながら話すということが怖い世の中になってしまったのだ。さて、結婚式が明日なので今更断っても同期の子に迷惑を掛けるのだけれど、迷惑と命を天秤にかけたら命が地面にめりこんでしまうほど大切なので、さっさと「本当に、本当に申し訳ないのだけれど、明日の結婚式を欠席させていただきます」と電話をすればいい、今すぐに。正直に、このような状況で結婚式に出席するのが怖いと伝えればいい。相手がどんな風に反応するかは問題ではない。最優先にするのは世間体ではなく、自分、そして周りの人の命を守るという確固たる意思なのではないだろうか。......ただ、名古屋への新幹線のチケットは既に買ってしまったし、会話を最低限にすれば大丈夫なんじゃないか、と考えている自分もいて、だからこそ今までぐるぐると悩んできた。どうしたらいい。そして来年の2月の結婚式はどうしたらいい。悩みは尽きない。一言だけ言わせてくれ。「どうしてこんな時期に結婚式をするんだよ!」