眠たげな猫の傍で

眠たげな猫の傍で

世界の果てで眠っていたいな

2020年11月17日(火)

「答えがちょっと見にくいもんなんで
間違ってたって間違っちゃいないよ
人生はきっと微妙なさじ加減で」

 

文章を書くことに多くの時間が奪われているので、期間限定で箇条書きにしてみる。これで調子が良かったら今後は箇条書きスタイルにします。

 


〇昨日お酒を飲んで、そのあとに適切なケア(水を多量に飲む、お酒と一緒におつまみを食べる等)をしなかったせいで、朝から体がだるかった。このだるさは一日中続くことになる。お酒はもう飲まないほうがいいな。

 


〇今日も一日中暇。暇暇暇。暇暇。暇。しんどい。暇がずっと続いているので、忙しくなった時にうまく対応できるかどうかが怪しい。暇。多少頭を悩ませる仕事だとしても、あった方がマシ。時間の流れる速度が遅すぎて発狂しかけた。暇暇。暇暇暇。暇。

 


〇お昼ごはんは昨日に続いておにぎり(明太子)とカップ麺(うどん)。これでも事足りるのだけれど、お昼にも栄養をしっかりと摂取したいので、弁当箱を急遽購入。木曜日から弁当生活を始める予定。

 


〇待ちに待った「在宅勤務」が来週から復活することになった(歓喜)。全国で増え続ける新型コロナ新規感染者、この勢いが減退する見込みが立たず、私が勤める会社でようやく「在宅勤務」を再開する運びとなった。来月の一カ月間という期間限定での実施ではあるが、これは嬉しいニュース。平日の朝や夕方、満員電車に乗ることが恐怖でしかなかったので、これは救いでもある。しかし週に1回しか在宅勤務が出来ないので、単なるアピールなのではないかとの噂もちらほら。でも1日でも在宅勤務が出来るのは本当に有難いから、愚痴は言うまい。来週中には東京での新型コロナ新規感染者が1日で500人を超えるのではないと予想しているので、タイムリーな朗報でした。

 


〇仕事のこと、特に書くことがない。今日も一日中書類整理か細切れの仕事を片付けていた。そろそろどうにかなってしまいそう。暇すぎて自分が取り返しのつかないことをしでかしそうで怖い。だれか、私に仕事というお恵みを。

 


〇定時で会社を出て、まっすぐ家に帰る。お腹が空いているような気がしたので、シャワーを浴びずに夕飯を食べ始める。黒豆を食べ、サラダを食べ、たらこマヨパスタを食べたら落ち着いた。「夜ふかし」を見て、今日も勉強をしようと「独学大全」を開く。数ページほど読んで急に見舞われる眠気。ちょっとだけ仮眠を取ろうと椅子に座らながら目を瞑る。一瞬でタイムワープして、ぐったりした体で時計を確かめる。「22時42分」やってしまった。久しぶりに寝落ちしてしまった。本来であれば落胆するところなのだが、最近はすっと寝れなかったので、なんだかこの境地に戻ってこれたことが嬉しかった。そのあともまだ眠たかったので床に倒れこんで、一瞬だけのつもりの仮眠をしてまたタイムワープ。「25時13分」やってしまった、とにこにこしながらロフトに上がり、布団に潜り込む。圧倒的な安定感に包まれながら、既に結構な時間眠っているのですぐに寝ることは出来ない。暫し、過去のことを回想しながら、明日もまた暇なんだろうな、一週間後にはちょっとは忙しくなるかな、早くライブに行きたいな。図書館で借りてきた本を読まないと(日曜日に返さなきゃ)。溜まっているドラマも観ないと。簿記の勉強もしないと。「独学大全」はとても分厚いけれど読みやすかったので、件月中には読み切って、簿記の勉強を生かしたい、既に生かしているぶぶんもあるので、読み終わって自分がどれだけ進化しているのかが楽しみ。おっと、ちょっと眠くなってきた。このまますやすやと眠ろう。明日も平和な一日になりますように。