眠たげな猫の傍で

眠たげな猫の傍で

世界の果てで眠っていたいな

コロナ禍における結婚式

コロナ禍において、たくさんの結婚式が中止・延期になっており、ブライダル業界は危機に瀕しているそうだ。私の知り合いにブライダル業界で働いている人はいないので、ブライダル業界がどれほど深刻な局面に立たされているのかは知らないし、別に進んで知りたいと思わない。今回、「コロナ禍における結婚式」ということで書こうと思ったのは、今月と3か月後に結婚式に呼ばれていて、今更な話だけれど辞退したほうがいいのだろうかと思ったからである。12月に招待されている結婚式は大学の同期の結婚式で、たまたま部活が一緒だったから呼んでくれたという薄い関係性なので、正直な話進んで出席したいとは思っていない(失礼な話だが)。正式に結婚式に招待されたのが今年の8月で、招待状を送り返すときに(12月は今よりも酷い状況になっているだろうから、延期になるかもな)と考えてはいた。で、先々週辺りから全国での新型コロナの感染が酷くなってきて、いよいよこれは結婚式の延期かもしくは中止の連絡が来るのではないかと身構えていた。特に何の連絡もなかった。ということはこのままこの状況下で結婚式を遂行しようということだろうか。今キャンセルをしたところで遂行したときと同じくらいの金額を結婚会社に払わなければいけないとしたら、無理矢理にでも遂行したほうがいいのではないかと彼らは考えているのだろうか。こんな状況下なので、連絡の一つぐらいあってもいいのではないか、そもそもコロナに怯えているのは私だけなんだろうか、とここ最近ずっと悩んでいる。心配なのは私が結婚式に出席したことでコロナに罹ることではなくて、出席したことで他の人にコロナを移してしまうのではないか、ということである。結婚式は私の地元である名古屋で開催され、出席者の大半は名古屋から来ることだろう。東京から来た私が他の出席者にコロナを移してしまうことで一番迷惑を掛けてしまうのは新郎新婦の方々で、そんなに悩んでいるのならば今から欠席すればいいのではないか、ということも何度も考えたのだけれど、今更断るのは失礼に値するのではないかと思うからである。こんなことになる予想は出来ていたので、結婚式に招待されたタイミングで、「コロナのことがあるので、申し訳ないが欠席させて頂きます」と言っておけば良かったのだ、特に仲がいいということでもないし。私の兄弟の結婚式も12月に開催される予定だったかが、全国でのコロナの状況が深刻になってきたので、先週に延期の連絡があった(延期後の開催日程はまだ決まっていない)。兄弟の件もあるから、なんで延期もしくは中止の連絡が来ないのだろうか、と不安に思ってこの文章を書いている。若干の怒りもある。こんな状況なので、わざわざ友達とか呼ばないで身内だけですればいいのに。結婚式に呼ばれて、コロナが怖いのに断りづらい人もいることだろう。でも今更延期したところでキャンセル料が発生するのだから、緊急事態宣言が出ているわけでもないので遂行しよう、としているのだろうか。多分、このままずるずると事が進んで結婚式に出るような気がする。そこで何も起きなければいいんだけれど......。あとは3か月後に招待されている結婚式の事だが、こちらも同じ大学の同期で部活も一緒、結構遊んだ仲だから呼ばれるだろうなとは思っているけれど、こちらは断ろうと思っている。同じグループの、仲の良い(と私が勝手に思っているだけで、あちらは特になんとも思っていないかもしれない)メンバーの結婚式には出席したのになんで俺の結婚式には出席してくれないんだよ、と反感を持たれそうだが(確実に持たれるだろう)、同じ過ちは二度と繰り返したくないので、心苦しいところもあるけれど辞退させて頂きます。断ったときにどういう反応を彼が見せるかで、今後の付き合い方が変わってくるんだろうな。

 

 

ひとつだけ言わせていただきたいことは、なぜこの時期に無理矢理にでも結婚式を行おうとするのだろうか。別に1年後とか、コロナが確実に落ち着いてからとかでいいじゃないか。そんな、今年中に結婚しないといけない理由でもあるの?せっかく結婚式に出るんだったら、楽しい気分で祝福させておくれよ......、と思った次第です。ちなみに私の結婚式はいつ行われるのでしょうか。まずは相手を見つけないとなんですけれど、こんな状況下なので知らない相手とマスクを介さずに話すのが非常に怖いので、婚活は暫くは中止しています。コロナが落ち着いた頃には結婚適齢期が過ぎてしまっているかもな......。