眠たげな猫の傍で

眠たげな猫の傍で

世界の果てで眠っていたいな

2020年11月7日(土)

「そうやって鼓動を待つことにしたよ
ちゃんと幸せになる準備もしてるよ」

 

10時から負けられない戦いがあったので、昨日は寝るのが遅かったのだけれど9時に起きて準備をしていた。一瞬、寝落ちしてしまいそうなタイミングがあったけれど、ここで逃すわけにはいかない、という思いだけで起きていた。10時になって、サイトにアクセスしたら販売状況が「×」になっていた。きっとあれは空売りだ。あんな一瞬で売り切れるはずがない。2回の抽選で既に売り切れていたのだ。と自分に言い聞かせていた。これでSIX LOUNGEのワンマンを2020年は観ることが叶わなかった。行ける日程だったのに、チケットが取れなくて悔しい。そもそもなんでこんな小さな箱でライブをするのだ、もっと大きなところでも十分に埋まると思うのは私のエゴだろうか。髭のライブも売り切れていて、もう今日は朝からやる気が出なかった。唯一、昨日当選していたSIX LOUNGEと羊文学のチケットの振り込みをしないといけない、と思っていたけれど、今日中に振り込むことは出来なかった。明日中に必ずする。朝は、だからちょっと腑抜けた感じになってしまい、眠たさが十分に残っていたので朝飯のフルグラを食べたらロフトに上がって、布団にもぐってぬくぬくしていた。はっ、と気付いたら14時になっていた。昨日あれだけ寝たというのにこれだけ寝れるのは、ちょっと体がどうにかしているからではないかと不安になった。ちょっとの睡眠でたくさん動ける体であれば効率的に人生を動かしていけるというのに、ちょっと動いただけですごく疲れてしまって、たくさんの睡眠を必要とするのは非常に勿体ない、なんでこんなにも私には体力というものが存在しないのか、と呆れかえっている。お昼は簡単にパスタを食べて、家にずっと居るのもあれなので15時過ぎに家を出た。チャンジャを買っておきたかったので、いつぶりか忘れるくらい、久しぶりに新大久保へ行った。コロナ前ほどではないけれど、道に人間が溢れかえっていて恐怖を感じた。市場でお目当ての品を購入したら、すぐに新大久保を脱出した。次は新宿。家の中が寒くなって来て、フリース一枚だとちょっとしんどい、でも暖房をつけるのはなんか違うんだよな、と思っていて、ニトリで「着る毛布」というものが売っていて、それが合うんじゃないかと思ってニトリへ行った。ここにもたくさんの人がいた。急いで着る毛布を確認して、よさそうだったので即座に購入を決断した。次に西口の本屋へ行った。その前に歩き疲れてしまったので、喫茶店で暫しの休憩。オレンジジュースをちびちび飲みながら、スマホ連結会計の復習をする。今さらするようなことではないのだけれど、来週の試験に出る可能性は高いので、細かいところまで見ておく。30分ほど休憩して体力が回復したので、本屋へ。「ジョジョリオン」の最新作が出ていたので迷わず購入し(ここ2年ほど読んでいないのだけれど、惰性で購入している、悪い例)、地下2階の平台ブースに置いてあった上間陽子さんの「海をあげる」のサイン本を購入。中をちらっと見た感じ重たそうな内容だけれど、今の私にはちょうどいいのではないかと思って購入した。次に地下1階に行き、単行本のエリアをうろうろしていたら、ネットで売り切れていてもう手に入れることは難しいだろうと思っていた「ブックオフ大学ぶらぶら学部」の新装版が出ていたので、嬉しくてテンションがあがった。この本の裏側にはブックオフの値段のシールが貼られているという粋な計らいが行われているのだけれど、レジに持っていった際、店員さんがそのシールを本物だと思って「あれ、あれ?」と戸惑っているのが印象的でした、私が店員だったとしても戸惑っていたでしょう。他には単行本の時から文庫本が出るのを心待ちにしていた三方行成さんの「トランスヒューマンガンマ線バースト童話集」、若林正恭さんの「表参道のセレブ犬とカバーニャ要塞の野良犬」、佐野洋子さんの「嘘ばっか」、そして今回本屋で見たのが初見だったんですけれど、図書館に関する怖い話ということでマイケル・ドズワース・クックさんの「図書室の怪 四編の奇怪な物語」も購入。ああ、また本をたくさん買ってしまった、家にまだ読んでいない本がたくさんあるというのに。でも本を購入したときの、この興奮はやみつきになってしまうので、まだまだ本を買い続けることになるでしょう。

 

 

<購入した本>

上間陽子「海をあげる」(サイン本)
ブックオフ大学ぶらぶら学部 新装版」
三方行成「トランスヒューマンガンマ線バースト童話集」
若林正恭「表参道のセレブ犬とカバーニャ要塞の野良犬」
佐野洋子「嘘ばっか」
マイケル・ドズワース・クック「図書室の怪 四編の奇怪な物語」
荒木飛呂彦ジョジョリオン(24)」

f:id:bigpopmonsterpro:20201107214744j:image

 

そのあとはどこに寄ることもしないでまっすぐ家に帰る。18時過ぎに家に着いて、だらだらしていたら19時から「ももクロチャンピオンカーニバル2020」が始まったので、それを2時間ほどだらだら観ていた。コロナ騒動がなければ、この時期にももクロのファンイベントがあって、それを楽しんでいたというのに、悔しい。なんともゆるゆるな番組でしたが、ももクロが出てたのでなんとか観ることが出来ました。

 

 

夕飯は今日買ってきたチャンジャを中心に、納豆とかお惣菜とかを食べていた、久しぶりに家で白米を食べたのでちょっとした感動があった。結構久しぶりの白米で、お米を研ぐときにお米が緑っぽくなっていたのでまずいかな、と思っていたけれど炊いてみたらいつもと同じで安心した。最近はそんなにご飯を食べていないのに、朝体重を計ってみたらちょっと太っていた、先週実家に帰ったときにご飯をたくさん食べたせいだろうか。来月に結婚式があるので、体を絞っておきたい、明日は早起きして軽くジョギングでもしよう、体にいいものをたくさん摂取しよう。そしてストレスになるようなことからは距離を置くことにしようと決めました。

 

 

24時を過ぎてそろそろ寝ないといけないな、と思っていても体は全然眠気を催しておりませんでした。日中、あんなに寝なければよかった、でも寝ていたということは結構疲れていたということだったのだから寝たのは正解だったのではないか、とか考えてしまって寝る雰囲気ではなくなってしまったので、森博嗣「お金の減らし方」を100ページほど読む。森博嗣の文章を読むと心が落ち着く、彼は自分の思ったことを素直に言っているので文章を読んでいても変にテンションがあがってしまうということがない。お金の使い方、もうちょっと真剣に考えないといけないなと思いながら、ちょっとではありますが眠くなってくれたのが26時30分過ぎ。明日は早目に起きて体調を整えないとな、と思いながらまだまだ布団でぐずぐずしながら眠りに落ちるの待っていました。