眠たげな猫の傍で

眠たげな猫の傍で

世界の果てで眠っていたいな

平日のライブ

月曜日からライブに行ってしまった。昨日も行ったのに、今日も行ってしまった。安直に物事を決め過ぎている気がする、それで別にいいと思っている。長いライブだった。ワンマンライブだったら長くても2時間、今日のライブは4人が入れ替わりで演奏、バンド形式ではないので転換の時間は短いとはいえ、久しぶりに3時間のライブを観た。ずっと座っていたけれど結構疲れてきて、集中力が持つのは2時間くらいなんだな、着席ライブのユニゾンがライブ時間を1時間にしたのは正義であった。それでも今日のライブは所々で、「おっ」と感動する場面があって、そういうものは日常の退屈な時間ではあまり感じないものなので、私にとってライブは無くてはならないものであることを改めて痛感した。22時過ぎの渋谷、治安が悪過ぎて笑えない。どこもかしこも危なそうな雰囲気が漂っていて、そして寒さがけっこうしんどくなってきたので急ぎ足で駅に向かった。2年前のハロウィンの、地獄のような渋谷を思い出した、あの時は本当に酷くて、よくぞあんな所から生きて帰って来れたと思う。目を瞑りながら電車に乗って、くたくたで家に着いた。まだ月曜日、慎重に平日をやり過ごしていくしかない。