眠たげな猫の傍で

眠たげな猫の傍で

世界の果てで眠っていたいな

日記ばかり書いてる

当初、このブログは自分の考えていることを発信するために始めた。しかし、最近は記事の更新を毎日行う、というノルマを自分に課してしまったせいで、ネタなんてそこまでストックしていない私は日記を書くことでなんとか更新を続けている。日記のフォーマットもあらかた決まってしまったので、最近の文章はあまり頭を使わずに勢いだけで書いている。刺激が乏しい私の日常を綴った文章は、読む人が読めば非常に退屈な代物であろう。しかし、私にとってはかけがえのない財産である。3年前の自分がどのような生活を送り、どのようなことを考えていたのかなんて、よっぽど印象的なことでない限りは思い出すことは不可能である。そんなことを文章を読むだけで思い出すことが出来るのだ。なので、このブログは退屈な人生を送っている人間の備忘録だと思ってもらって差支えないだろう。人生に余裕がある人は好きなぶぶんを読めばいいし、忙しい人は素通りしてもらって構わない。個人ブログというものは本来そういうもののはずだった。最近は専門的なことを掻き散らかしているブログを多々見かける。それはそれで読み応えがあって面白いのだけれど、どちらかというと何気ない日々をその人の感性で書き上げた文章に魅力を感じてしまう。雑記、と呼んでも差し支えのないようなブログを読むのが、退屈な日々を繰り返し続けている私の愉しみであったりもする。何が言いたかったかというと特に何も言いたいことはなかったが、敢えて言うとするならば「こんな人間もこの世界に存在している」ということを知ってほしいかな、という緩い願望を持ちながら文章を書いている、ということです。

 


暇な時間があったら、是非ともこのブログで時間を潰していってください。