眠たげな猫の傍で

眠たげな猫の傍で

世界の果てで眠っていたいな

2020年3月12日(木)

必要のない感情労働を垂れ流している人を見ると、どうしても邪な気持ちが奥底から流れ出してきて、そういうところ私は性格が悪いと思う。そいつをまともに成長させてあげるためにはこうしたほうがいい、ということは分かっているけれどそんなことはしたくない。それは周りの先輩方が勝手にすればいいんじゃないんですか?仕事と仕事の間の時間、というか労働時間のほぼほぼがそれなんだけれど、自分から学ぼうとしないで、手を遊ばせながら虚空を眺めているのそういうところだと思うし、そんなふうに新入社員を遊ばせている上層部もそういうところだと思っている。一連の事象に一切関わりたくない。私は最低限の仕事だけをしたい。それ以上の、自分のためにならないようなくだらない雑務に手を染めたくない。そういう風に考えてしまう私は性格が悪いのだ。

 

 

ほぼほぼ体調は回復した。とは言え、油断は禁物なので、15%くらいの勢いで仕事を淡々とこなしていく。思考を働かせなくともこなせる仕事って本当に寂しくなるし、こんなことをかれこれ2週間も続けられるのはある意味才能なのではないかと思う。いやそんなことはないんだろうけれど、そんなふうに考えないとちょっとどうにかしてしまいそうなので。昨日はお昼ご飯をコンビニのおにぎりで済ませてしまったせいで、午後4時くらいに猛烈な空腹に悩まされたので、今日は外で食べた。先週に引き続き、またパスタの店でトマトソースパスタを選んだ。今日のは味付けが私好みので、同じ会社の人間も生息していなかったので、のんびりとした気持ちでお昼休みを過ごすことが出来た。入り口に近いと風が入ってくるからあまり好きじゃないんだけれど、こういうときは入り口に近い方がラッキーと思えるくらいの方がいいのかもしれない。

 

 

午後からも午前と同じような、昨日と同じような、先週と同じような、たぶん来週と同じような仕事をした。仕事ではない、作業と表現した方が正確だろう。くだらない。くだらないことを繰り返している、反発を起こさない私もくだらないのさ。明日は少しは仕事を教えてくれるとコピーロボットぽろりとネタバレしてくれたので、少しだけは希望が持てる。いや、赴任1日目からそういう風に仕事を教えてくれるのが普通なんだろうけれどね。ある程度放置というスタイルがこの会社の社風なのかもしれません。

 

 

定時に会社を出て、スーツを新調するために東京駅の大丸へ。百戦錬磨のお姉さまの口車に乗せられ、あれよあれよというまに2着で5万円のスーツを購入。そろそろ社会人6年目になろうとしているのに、スーツに対する執着心がなさ過ぎて、興味のないことに対しては本当に自分の時間を割こうとしない極端な正確だな、損してるよなという自覚はあります。それを意地でも直そうとは思いませんが。なかなかにカッコいいスーツを買ったので、気を良くして東京駅をぶらぶら歩いてしまった。まだ病み上がりで安静にしていなくちゃいけないのに、ライブでストレスを発散できないので、ウィンドウショッピングという慣れないもので少しでも自分の心を豊かにさせていかなければ、という精神でむやみやたらにぶらぶらと歩いた。東京駅に聳え立つビル群は馬鹿みたいに高くて、顔を上げていたら貧血を起こしそうになってしまいそう。

 

f:id:bigpopmonsterpro:20200312233849j:image

 

久しぶりに行った八重洲ブックセンターではサイン本がじゃぶじゃぶと置かれていた。能町みねこさんの新作のサイン本が10冊以上も平積みされており、東京駅ではそこまでサイン本の需要はないのだろうかと頭を働かせてみる。先程スーツの新調でだいぶお金を使ってしまったのに、我慢できなくなって古市憲寿「誰の味方でもありません」のサイン本を購入。他にも重版になっている小松左京の本だとか欲しい本は山ほどあったのだけれど、私の部屋にも山ほど本があるのでさすがに自重しました。偉いぞ。

f:id:bigpopmonsterpro:20200312234159j:image

 

夕飯を家で食べるつもりであったが、もうお腹が空いて動きたくなかったので、ふと目についた「一幻」に入ってしまった。そのまましおを頼んだ。スープはもうそれはえびえびしてて、俄然麺に期待値が上がる。......ゴムかー。そうだった、ここの麺はゴムだったのだ。細麺にしたらゴムじゃなくなるのか?でも私が頼んだのは太麺で、目の前にあるのはゴムなのである。3年前、新宿で痛い目にあったことをすっかり忘れてしまっていた。だってゴムのままで生き延びているなんて思わないじゃないか。何度も麺を咀嚼してみるが、やはりこれはゴム以外の何物でもない。そもそもこれは麺なのか......。

f:id:bigpopmonsterpro:20200312234506j:image

 

東京駅を出て、電車に乗って、歩いて、家に帰って、のんびりと過ごしているとあっという間に23時を回っているのは、どこかの誰かが私の家の時計を勝手に回しているからなのでしょうね。もっとたくさんしたいことはあるはずなのに、結局出来たことと言えば音楽を聴いたことくらいなのが私らしくてちょうどいい。今日は晴れていて気持ちの良い一日であったし、明日もたぶん晴れるので、引き続きコートなしの服装で会社に向かいます。単調労働から早く抜け出したい。

f:id:bigpopmonsterpro:20200312234750j:image