眠たげな猫の傍で

眠たげな猫の傍で

世界の果てで眠っていたいな

あっという間に名古屋

歯医者と病院に行かなければいけないので、金曜日の夜に急遽地元に帰った。当初は高速バス(東京→名古屋で2,000円!)で移動するつもりであったが、当日になってコロナウイルスの感染が怖くなり、新幹線に切り替えた。仕事のままならなさによるストレスを発散させたいがために、新幹線の中でビールを飲んでしまうという愚行に走った。......うっま。アラバマシェイクスをだらだら聴きながら、スマホピコピコ、目が疲れたらスマホの電源を落とし、ただひたすらぼーっとしていた。地元に帰れるんだ......!という実感が時間が経つにつれて徐々に湧いてきて、気づいたら名古屋に着いていた。新幹線という文明の利器に感謝。高速バスに乗っていたら、明日の早朝に名古屋駅に着く、バッキバキの体で。そしてもしかしたらコロナウイルスを拾っているかもしれない......、と考えると、今回の新幹線の選択は英断であった。早く家に帰って、ジャルジャルタワーを観たいな。私の東京の家は未だにネット回線が開通していないので、自由気ままに動画を見ることが叶わないのだ。

f:id:bigpopmonsterpro:20200306212748j:image