眠たげな猫の傍で

眠たげな猫の傍で

世界の果てで眠っていたいな

落ち着かない

心がざわざわしてて、落ち着かない。あと2週間で転勤するという事実をまだ現実のものとして受け止めきれていない。2週間後に東京にいるのか?まだ引っ越し業者に依頼もしていないというのに?どなたかの段取りが非常に悪いせいで、限られた時間で結構しんどい量の作業を余儀なくされている。もう少し前に転勤することを言ってもらえれば、もうちょっとは段取りよく進められたはずなのにな。もう何年も同じことを繰り返してきているんだろう、あんたが担当者なんだろ、だったらなぜこっちがアクションを起こさないと何も言ってこないんだよ。馬鹿すぎて、もう言葉にするのも惜しいくらいだ。

 

 

引っ越しの準備をしなければいけないのだけれど、全くもってやる気が起きぬ。件ですっかりメンタルをやられてしまい、どうにも腰が重たくなってしまった。ふとネットを徘徊していたら、Green Dayの新譜が1週間前に配信されていた、という事実を知り、さっきから「Father Of All...」を聴いているのだけれど、抜けのいい音が広がっており、どれも短いパンクナンバーなので何回でも聴きたい気分になっている。1か月後には彼らのライブを観れるんだ、嬉しい......という気持ちで溢れかえっている。平日に幕張へ行くのは不可能なので土曜日のチケットを買ったのだけれど、抱き合わせで出演するバンドがちょっと......もうちょっとあったんじゃないか......と呆れかえるくらいに酷いので、当日はどうしようか悩んでいる。タイムテーブルが発表されたら、Green Dayの出番が近づいたら会場入りするんだよな。もうちょっと他のバンドを出演させようとか考えなかったのかな。そもそもコロナウイルスが酷くなってきているので、Green Dayが来日してくれるかどうかも怪しくなってきた。まだ買っていないけれど、Bob Dylanのライブは諦めようか。もうどうしたらいいんだろう。悩ましいことが多すぎる......。

 

Father of All...

Father of All...

  • アーティスト:Green Day
  • 出版社/メーカー: Reprise
  • 発売日: 2020/02/07
  • メディア: CD
 

 

一昨日はゴルフスクール、昨日はアナログフィッシュのライブ、今日は先輩とゴルフのショートコースを回ってきた。だいぶ疲れが溜まってきている。疲れ切っている体で、明日ジムで運動したりゴルフスクールへ行って練習したら、月曜日に目の焦点が合わなくなるだろうことは薄々勘付いているので、さすがに馬鹿な真似はしません。明日は一日のんびりしよう。と思っていたんですけれど、あと少しで地元を離れるということで祖父母の家に行って顔を見せに行くというイベントが発生したので、まあ、午前中くらいはのーんびりして休日を満喫できればな。でも今部屋で、爆音で鳴り響かせているGreen Dayがあまりにも良きなので、ちょっと夜更かししてしまいそう。それはそれで、いいんじゃないかな、と足りない頭で考える夜。