眠たげな猫の傍で

眠たげな猫の傍で

世界の果てで眠っていたいな

面談

上司との面談があった。

 

 

報告、連絡、相談がほとんどされていない

 

やることがないのに社内に居続けるのはどうしてか?なぜ外に出ないのか?

 

 

 

主にこの2点のことを言われました。まあ言われるだろうなということは想像できたので、言われた時の衝撃はそこまでではなかったんですけれど、どうしてこれらのことが出来ないのだろうかと考えてみました。私は極度に人を怖がってしまうからかな、というのがとりあえずの結論。名古屋に転勤してから7ヶ月が経ったというのに、未だに課の人と気負いなく話すことが出来ません。怖い人たちではないんですけれど、年上と肩書き、というもので怖くなって萎縮してしまっているんだと思います。上司から「報告するのがそんなに怖いのか?」と訊かれ、「少し怖いです」と答えましたが、本音のところではめちゃくちゃ怖いんです。私の頭はネガティブ思考で出来てしまっているからなのか。いい報告だったらすぐに出来るんですけれど、悪い報告、例えば新規客先に飛び込み営業をしたけれど門前払いだった、といったようなことはいつまで経っても言い出せない。もしその報告をしたときに、上司からどのようなマイナスなことを言われるんだろう、と頭が勝手に考えてしまうんです。どんどん悪い方向に考えてしまい、「もうこれは報告しないほうがいいんじゃないのか」といういけない考えにたどり着いてしまうことが往々にしてあるんです。でも報告されていないことは上司は勿論知っています。で、数週間経って、「なんでいつまで経っても報告しないの?」と怒られるのが本当に怖い。自分の身勝手な性格のせいで、怒られる必要のなかったことでちくちくと怒られるのは本当に勿体ない。報告すべきことをすぐに報告しないようだったら、周りの人に影響を与えてしまって、まともに業務が回って行かなくなるんだろう。

 

 

過去の文章の供養