眠たげな猫の傍で

眠たげな猫の傍で

世界の果てで眠っていたいな

2019秋韓国旅行四日目

4日目。体はくたくたである。いつものように覚醒しきっていない体を布団の上に寝転ばせ、頭が起きるのを暫し待つ。今日は韓国旅行最終日で、行きたいところはほとんど行ったので、ゆっくり過ごしてもいい。10時前にようやく起き上がり、シャワーを済ませ、部屋を出る。チェックアウトを済ませ、明洞の街に繰り出す。朝ごはんは「秀家」という初訪問のお店で、ソルロンタンと海老のお粥を食す。本当は「神仙ソルロンタン」に行きたかったのだが、相方に押されてしまって、初めて行くお店になった。味の方は、うん、まあ、ソルロンタンって味の美味しさにも限界があるよね、という感じ。美味しかったのは美味しかったです。ソルロンタンよりも気になったのが、イカのキムチ。味付けがたまらなく私好みで。気付いたらご飯がなくなってしまっていました。サービスで付けていただいたチヂミもおいしく、これなら最終日の朝ごはんがここでも正解だったかな、という印象です。

f:id:bigpopmonsterpro:20191229162953j:image
f:id:bigpopmonsterpro:20191229163003j:image
f:id:bigpopmonsterpro:20191229163007j:image
f:id:bigpopmonsterpro:20191229163000j:image
f:id:bigpopmonsterpro:20191229162956j:image
f:id:bigpopmonsterpro:20191229162950j:image

 


明洞で全然ショッピングをしていないということで、ダイソー明洞駅店とロッテヤングプラザへ。相方が楽しそうにショッピングしているのを横目に、私は4日間のことを反芻していました。あっという間に過ぎてしまった。とても楽しくて名残惜しい気持ちもあるけれど、早く日本に帰って「ポケットモンスター」の新作をやりたい気持ちもあるので、3泊4日は妥当な日程だったのでしょう。待ちくたびれていたら漸くショッピングが終わり、朝ごはんから殆ど間を置くことなく昼ごはんへ。「」というチュクミという料理が出るお店でチュクミとキノコのスープを注文。まだお腹がそこまで空いていない状態にも関わらず、圧倒的美味しさのチュクミがお腹に入る入る。気づいたらパンパンに膨らんだお腹と、何も残っていないお皿がありました。ここも初めて訪れるお店だったんですけれど、ここまで美味しいのならばリピートも有りかな、と思った次第。見渡した限り日本人はいなかったので、観光雑誌にはあまり掲載されていない、隠れ家的なお店なのかな。

f:id:bigpopmonsterpro:20191229163127j:image
f:id:bigpopmonsterpro:20191229163123j:image
f:id:bigpopmonsterpro:20191229163133j:image
f:id:bigpopmonsterpro:20191229163130j:image

 

お昼ごはんを終え、さささとショッピングを済ませ、ようやく雪氷へ。今回はメロンヨーグルトチーズかき氷と苺かき氷を注文。これでもかというほどの甘さを湛えながら、そこまでいやらしくない後味に脳天が、もう。最高のデザートでした。

f:id:bigpopmonsterpro:20191229163211j:image
f:id:bigpopmonsterpro:20191229163214j:image
f:id:bigpopmonsterpro:20191229163220j:image
f:id:bigpopmonsterpro:20191229163207j:image

 

そこでまったりと過ごし、時間調整をしてからホテルへ。ガイドさんに連れられて、15時40分にホテルを出発。ベテラン女性のガイドさんで、面白い話をたくさんしてくれたそうですが、いかんせん疲れが溜まりに溜まっている私はバスに乗車してすぐに眠りに落ち、気づいたら空港へ着いてしまいました。私だっていろいろとお話を聞きたかったのに!さささと搭乗手続きを済ませ、空港の中で時間を潰す。今回の旅行で意外にも初めての貢茶を堪能したり、ドーナツを食べたりしてテキトーに時間を潰す。搭乗時間が来たので重い腰を渋々あげ、飛行機に乗る。暫しのフライト。

f:id:bigpopmonsterpro:20191229163310j:image

 

21時前に名古屋に到着。帰ってきたぞー、日本に帰ってきたぞー。明日から仕事があること以外は最高な気分である。空港から出ている電車に揺られ揺られながら、マカロニえんぴつを聴く。来週のライブが本当に楽しみすぎる。何ヶ月か前の、ライブチケットを当ててくれた自分に本当に感謝しているよ。

 

 

14,076歩