眠たげな猫の傍で

眠たげな猫の傍で

世界の果てで眠っていたいな

中津川 THE SOLAR BUDOKAN 2019 Day2@中津川公園内特設ステージ(2019.9.29)雑感

今年初めて中津川で行われているフェスに行った。存在は知っていたけれど、東京に住んでいたので、わざわざ行くようなことは考えなかった。でも今年の4月に名古屋に戻ってきて、ちょうど予定も空いていたので、ラインナップが自分好みの2日目に参加することにした。前日まで降水確率が90%だったので、本当にダメ元で現地に向かった。電車に揺られ揺られて中津川に着くと、快晴が待っていた。これが中津川SOLAR BUDOKANの力なのか。

 

 

あと少しで10月になるとはいえ、雲がほとんど太陽にかからないせいで、昼過ぎまでは直射日光が直に体に降り注ぐ形になった。ゴリゴリと体力を削られて、2L用意しておいた水分はすぐになくなった。頭も少しくらくらしてきた。それでも新しく買った水分をじゃぶじゃぶ飲みながら、ほぼ休みなくライブを観た。それは今日出演しているアーティストが本当に好きなアーティストで、ここまで来たんだからライブをちゃんと観たいという執念だった。明日は仕事が入っていることをすっかり忘れきって、夢中になって飛び跳ねたりしながら全力でライブを楽しんだ。自分が選んだアーティストのライブはそのどれもが素晴らしくて、ライブの余韻に浸ろうと思っても15分後にまたライブが始まって、感情がぐしゃぐしゃになるので、頭と体はあたふたしていた。全部で10組のアーティストのライブを観させて頂いた。そのどれもがかけがえのないほどに素晴らしくて、当分は今日のライブのことを思い返しながらニヤニヤしてみたいと思う。

 

 

会場を後にしたのが20時20分過ぎ。ほぼずっと立ちっぱなしだったので体はボロボロである。お昼ご飯はちっぽけな梅おにぎりを3つ食べただけなので、お腹が空いてしょうがない。早く家に帰って、お風呂に入って美味しいご飯をしっかり食べて、布団でぐっすりと眠りたいのだが、ようやくシャトルバスが中津川駅付近に着いたので、まだまだそのような夢心地には浸れなさそうである。とりあえずは今の思いをここに残しておきます。

f:id:bigpopmonsterpro:20190930073912j:image