眠たげな猫の傍で

眠たげな猫の傍で

世界の果てで眠っていたいな

290日目「飲み会はやっぱり苦手だよな~二日目~」

今日も相変わらず暑い。就業時間の殆どは社内か車という、空調的に快適なスペースに居るので、そこまで文句を言える立場ではないのですが。それにしても暑い。ただ、昨日一昨日と茹だるような暑さが続いたせいか、今日も結構な暑さを記録していたと思うんですけれど、「このまま外まで居たら死ぬかもー」といった地獄的感想は出てこなかったのは、体が少しづつこの暑さに順応しているからかも。今日も暇でしたが、先輩が外に連れ出してくれたお陰であっというまに一日は過ぎていきました。それがいいことなのかどうかは一旦よそに置いておいて。先輩のお抱えドライバーみたいになっている状況、あまり喜ばしくないとは思うんですけれど。すぐ楽な方へ流されてしまう私はその甘い状況を享受してしまおう、と考えてしまうので、さっさと一人で動けるようにならないとな。

 

 

今日も飲み会がありました。昨日は殆どが知らない人ばかりで右往左往してしまうぶぶんもありちょっとばかし辛かったんですけれど、今日は課員が集まっての飲み会だったので飲み会の構成員については昨日よりは熟知しているつもりでした。しかし、常日頃から密にコミュニケーションを取っているわけではないし、それぞれが積極的に話すような人ではないから、沈黙の状態が続いてしまって何とも言えない気分になってしまいました。沈黙なんてかったるい、と思ったのか、スマホTwitterたニコ動を眺めていると、「今どきの人は先輩がいる飲みの席でも堂々と自分の趣味を謳歌できるんだ(呆れ)」なんて思ったりしましたが、その方が自分の時間を有意義に使っているから、長い目で見たらいいのかもしれませんね。さすがに私にはそこまでする勇気はないし世間体というものを気にしてしまう人間なので、沈黙を誤魔化すように前にあるお酒をちびちび飲んでいたんですけれど。ビールが瓶のせいで、少しでもビールを飲んでしまうと先輩がビールを注いでくれて、結構な量のお酒を飲んでしまいまいた。あとは日本酒。これはあかん。飲みやすいからついぐびっぐびっと飲んでしまいがちなんですけれど、けっこうな度数があるので、飲みの席ではそこまで酔っていない感じでも、家に帰ってきた途端にどばーっとアルコールが回ってしまいました。度し難い頭痛とともにハイテンションが私を襲ってきたので、一頻り内なるストレスを発散したところで眠りに就いてしまいました。ふと起きたのが23時過ぎで、いい感じに酔いが覚めたんですけれどそれでもまだ頭痛はしつこく残っていたので、いつもより多めの水分を取ったり、頭痛薬を飲んだりしてなんとか正常な状態に持っていこうとしました。努力は何とか実を結び、今この文章を書いている24時25分、ほぼ頭痛は消え去り、体も飲む前よりも軽くなった気がします。しかし、普段はあまり摂取しないアルコールを相当数飲んでしまったせいか、たぶん明日の朝からだるさが続いていくような気がするんですけれど。明日はメットライフドームももクロのライブがあるので、体調は万全の状態にしておかなければいけないんですけれど。お金をけちって高速バスにしてしまったことを今さら悔いております。無事、明日のももクロのライブを満喫できますように。今日も相も変わらず平和すぎる一日でした。

 

 

7,036歩