眠たげな猫の傍で

眠たげな猫の傍で

世界の果てで眠っていたいな

先輩の行動ぜんぶ正しいなんてない

毎日毎日、同じ純度で仕事をこなせるスーパーマンなんて、たぶんいない。日によって気分の浮き沈みがあるだろうし、「なんか今日は乗らないな」って日もあるだろう。そんな時の先輩の行動に対して、「あの先輩がしていることだから正しいのだろう」と盲目的に考えるのはアホくさ。間違えない人間なんていない。職場に入りたてだと、そこの民族のことを詳しく知っている先輩はまるで民族の長のように思えてくるかもしれないけれど、そんなことはない、ただの人間だよ。