眠たげな猫の傍で

眠たげな猫の傍で

世界の果てで眠っていたいな

281日目「iPhoneが直ったよ!!!」

 

bigpopmonster.hatenadiary.jp

 

 

先日、iPhoneが起動しなくなった時の心許なさは途轍もなくて、必死になって治す術を探していた。見つからなかった。もう、正規のお店へ行って直してもらうしかない。ということで仕事帰りにiPhone Shopへ行き、iPhoneの治療をしていただきました。最初にアップデートで直そうと試みるも、全然作業が進まない。そこで、最終手段の「初期化」を行ってもらいました。すると、今までうんともすんとも動かなかったiPhoneがみるみるうちに元気になっていき......復活した!ああ、わが愛しのiPhoneよ、よくぞ戻って来てくれた。残念ながらiCloudに残っていたデータは去年の8月までで、それ以降の写真のデータが吹っ飛んでしまったのは悔しいが、まあしゃあない。一時は何万円もかけて直してもらうかも、ということを考えていたので、無償でiPhoneを遣えるようにしていただいて、本当にありがとうございます。でもなんで動かなくなってしまったんだろうか......。また同じ過ちを繰り返さないためにいろいろと準備をしておきたいのだが、対処の仕方がよく分からないよ......。(よく分からないんだけれど、LINEがほぼ打復旧したのが救いだよな......。助かった)

 

 

仕事の方はえんえんと自動車を運転する機械に成り果てていました。この道、一体いつまで続くんだろうね......。どっかで落とし穴があるなら、もう勿体ぶっていないでさっさと落としてくれよ、それはそれは復帰不可能なほどの奥底までさ。中途半端に行かされている今の状況は絶対に良くない。誰かが声を上げないと、何も変わらないよ。何時間も自動車を運転して、疲れて帰ってきたのが16時過ぎ。私が所属している課の人々は全員で払っていて、皆さんそのまま会社へ帰ってこられませんでした。放置か......。いやーな二文字がまた頭の中を支配してしまう前に、本当どうにかしないと......。

 

 

乗代雄介「本物の読書家」を空いた時間にちまちま読んでいる。もう本のタイトルの時点で勝ちが確定しているのに、その内容がこれまたにやにやしてしまうもので。物語のズイショに挟み込まれる本についてのあれやこれが素晴らしくいい。それだけで一つの本を編み上げてほしいくらいの出来である。小説の本筋のほうもいい具合に意味不明で、どうやって着地させるのだろうか......とラストが気になって仕方がない。はあ、読書をしていてこういうたまらない本に巡り合うの、本当に幸せだよ。

本物の読書家

本物の読書家

 

 

 

 

今日はひさしぶりにジムに行こうと思っていたんだよ。でも、iPhone Shopに行って家に帰ったら20時過ぎで、夕飯を食べてスマホで各種設定を施していたら21時を過ぎていたんだ。そして、お風呂に入って、だらだらだらと音楽を聴いて、最近世間で起こっている出来事、例えば吉本のこととか、京アニのこととかぼんやりと考えていたら22時を過ぎていたので、今日はジムに行くことを諦めた。勤務時間中に体を動かしたくてうずうずしていたけれど、いろいろな要素が絡み合った末に今日は行くことを諦めた。たぶん明日から晴れ間が続いていくと思うんだけれど、それの前に雨を全部降らしてやる、ってかんじで今日はずーっと雨が降っていましたね。時折凄い勢いで降ってくるものだから、高速道路を走っていた時は少しではあるけれど、ひやっとしたのは内緒にしておこう。明日のためにも今日は23時までにやりたいことを全てやり終えてしまって、で、23時になったら布団に入って部屋の電気を消して、で、24時になる前に寝てしまって。明日は心地よい起床を迎えるんだ。そうしたほうが、後々の私の人生にいい影響を及ぼしていくってのは分かっているんだけれどさ。どうしても、さ、夜更かしして、読書とか音楽とかでもいいんだけれど。明日絶対辛いじゃん、眠気でまともに仕事が手につかないよ、ってくらいまで追い込んでいるときの夜更かしって異常なまでに興奮しない?私だけ?学生の頃は馬鹿真面目に24時までには寝るようにしていたけれど、そのときの満たされなかった夜更かし欲が反動を起こして、今、こんなにも夜更かしをしたい体になってしまっているんだろうか。兎にも角にも、今はただB'zの曲を飽きるまで浴びるほど聴いていたいんだ。よく分からない小説を少しでも分かりたいんだよ。ああ、明日も寝不足確定だな。

 

 

10,951歩