眠たげな猫の傍で

眠たげな猫の傍で

世界の果てで眠っていたいな

274日目「現代中国の衝撃作が私を襲うまで」

昨日は少し極端なことを書いてしまいました。少しストレスが溜まっていたのでしょう。ただ、飲み会で時間を費やすことは無駄だという考えはなんら変わっていません。ただ、そういう飲み会が好きな人もいるということは認識しています。どちらがいいとか悪いとかの問題ではありません。好きな人はどうぞ、好きなように飲んでください。ただ、私は人生の限られた時間のなかで自分の好きなことをできる限りしていたいので、家にはまっすぐ帰って、本を読むなり運動をするなりしていたいと思うだけです。

 

 

今日はほぼ初対面の技術職の人と客先へ書類を持っていくというイベントが発生しました。午後1時に客先へ伺う予定、ということで少々前のめりで現地付近の駅へ行き、一緒に昼ご飯を食べました。いろいろ歩き回った結果(私は江南に行きたかった......)、地下街の蕎麦屋へ。待たされるわ値段は高いわ量は少ないわで、トホホ...な気分になりましたが、思いがけず奢ってもらうことになりました。いやいや、そん無理しなくていいですよ、気にしちゃうから。その人は話しかけやすい雰囲気を纏っていて、年齢も同じであることが分かり、仕事にまつわることで盛り上がりました。そこでその人が漏らしていたのは職場のとある人に関する愚痴で、そうだよね、みんなそれぞれの悩みを抱えているよね、と共感しているふりをしていました。そのあとは一瞬で用事が終わり、またそそくさと会社へ戻りました。そのあとに思い出してしまって忘れられないのが。その人が会話の途中にぽつりと零していた、「私の教育係の先輩が最近笑っていない」ということでした。確かに、今思い返してみると、先輩は無理やり笑っているような、顔がぎこちない感じがしているような記憶があります。先輩はめんどうな仕事を引き受けているせいか、皆は定時になったらそそくさと帰るのに、一人残って仕事をしているそうです。たまに見せる寂しそうな顔も、仕事に疲れている証拠なのでしょうかね。私にできることは、とにかく先輩の足手まといにならないことです。まずは先輩に任せられた仕事をひとつひとつしっかりとこなしていき、先輩の負担を減らすこと。そして、一日でも早く一人前に仕事が出来るようになって、先輩の仕事をしっかりとサポートできるようになることです。そう簡単に物事は進まないとは思いますけれど、先輩の負担を少しでも減らしたいんだ。名古屋の職場で私の事を気遣ってくれるただ一人の大切な人だから、出来る限り多くの時間を楽しく過ごしてほしいと思うのはお節介なのだろうかな。

 

 

本当にやることねえよ。午前とか、すっごく眠くて、一瞬意識が飛んでいたよ。たぶんあれ寝てたよ。寝てたら誰か起こしてくれないかな。甘えだね、今日から夜更かししないようにします。といっても、毎日0時30分までには寝るようにしているし、眠りの体制に入ったらあっという間に朝が来るぐらい熟睡しているから、睡眠は十分にとっているはずなんだけどな。何が悪いんだろう。暇が悪いことは知っているけれど、じゃあそれをどうしたらいいのかが分からないんだよな。

 


定時になったら会社をそそくさと出て、ゴルフレッスン4回目へ。今日も仕事が早く終わるだろう、という希望的観測で18時に予約をして、無事にレッスン時間に間に合いました。初の平日レッスン。仕事終わりで来やすいからだろうか、満員御礼でしたが、自分のやるべきことを黙々とやりました。今日はテークバックの練習。肘を折り曲げず、体の重心を腕の振り上げる方向へ持っていくのがしんどい。肩をぐっと曲げなくちゃいけないんですけれど、これがなかなか曲がらないのです。普段、全然運動をしていないから、そのせいで体がかちこちになってしまったのでしょう。でも、何度か無理してテークバックをしていると体がそれなりに曲がるようになって、自分の判断なんですけれどまずまずのフォームになってきたんじゃないでしょうか。そのあとにもう一度握り方を指南され、えんえんと地味な練習をしていたら終わりの時間になりました。少しづつではあるんですけれど、確実に上達していっているのは精神衛生上とてもよろしいことで。自分のスキルを磨いていく経験が日々の中に紛れ込んでいると、こうも時間が輝きを取り戻すのですね。早くまたゴルフの練習をしたくなってきたよ。次は土曜日、待ちに待った先輩との打ちっぱなしです。ゴルフボールがちゃんとまっすぐに、遠くへ飛んでくれるといいのだけれど。そして早くコースを回りたい。

 

 

そのあとに名古屋駅近鉄パッセで行われていたUNITOWERへ。大阪での野外ワンマンへの期待が高まってきた。

 

f:id:bigpopmonsterpro:20190710213730j:image 

 

f:id:bigpopmonsterpro:20190710213738j:image

 

 

 

そのあと、本屋へ行き、凄く気になっていた劉慈欣「三体」を購入。早川が凄くプッシュしていたし、愛読しているブログでも取り上げられていて、「今読まなきゃいつ読むんだよ」と意気込んで勢いで買ってしまった。初めの方は私の苦手な感じが続くけれど、そこを抜けたら一気読みしてしまいそうな雰囲気が漂っているので、本格的に読むのは金曜日の夜からにしようか迷っている。今日もゴルフで体がへとへとで、文章を読む気力が殆ど残っていないだろう。明日会社休んで、一気読みしたいけれど、そうもいかないからな。兎にも角にも、凄く楽しみな一冊です。

 

f:id:bigpopmonsterpro:20190710213722j:image

 

 

さて、今の時刻は23時ちょうど。そろそろ寝る支度をしないといけないんですけれど、ゴルフの練習をして家に帰ってから何もできてねー。お風呂入ってご飯食べて、「月曜日からよふかし」を二つ見て、だらだらとブログに載せる文章を書いていたらこんな時間ですよ。読書もアニメ鑑賞もできてねー。ブログにかける時間がおかしいんだろうな。こんな、誰が読んでいるのか分からないようなブログに数十分も時間をかけるだなんて、たぶんコスパとかしょうもないことを考えたら負けなんでしょうけれど。言葉を発することが少ない私にとって、唯一の自己発露の場所がここしかないんだよな。こんな状況でも精神を崩すことなく、平穏に生きていられるのももしかしたら毎日きちんと文章を書いているからなのでしょうかね。2000文字くらい書いたあたりから頭がポワポワしてきて、書き終わった頃にはいい感じに疲労して、「ああ、今日も頑張ったな」という達成感を心に抱きながら眠りにつくというのは、実は健康的なものなのかも。ということで、明日も明後日も明々後日も同じように日々の些細なことを文章に書いていくことでしょう。物好きな人は、たまにでもいいのでこのブログに寄ってってくださいね。

 

 

12,162歩